女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類

女性ホルモンとは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二種類のホルモンの総称です。

 

心身にあたえる影響にはそれぞれ違います。ここではエストロゲンとプロゲステロンの違いや特徴についてお話します。

女性ホルモンの種類・エストロゲンの効果とは?

エストロゲンは、女性の健康や若々しさをキープしていくために欠かせないホルモンです。卵巣で育つ卵胞から分泌され、生理時期から排卵が起こるまでの期間に多く分泌されます。

 

エストロゲンには、排卵前に精子が通りやすくなるように子宮頚管の分泌液を増やしたり、妊娠中に乳汁が出るのをおさえる働きがあります。

 

また、コラーゲンを増やして肌や髪のツヤを高めたり、胸にハリをもたせたりするなど、女性にとって多くの嬉しい効果もあります。

 

エストロゲンの美容・健康効果

美肌・美髪効果
コラーゲン、ヒアルロン酸、皮下脂肪の生成を促進する。

 

バストアップ効果
皮下脂肪をつけ女性特有の丸みや曲線をつくる。

 

ダイエット効果
食欲を抑えて脂肪の代謝を促進する。ダイエットをするならエストロゲンが多い生理後から排卵前までの時期がおすすめ。

 

感情を安定させる効果
自律神経や感情を安定させる。記憶力をアップさせる働きもあり認知症予防効果もある。

 

カルシウム吸収効果
カルシウムの吸収を促し骨を丈夫にする。骨粗しょう症予防効果もある

女性ホルモン・プロゲステロンの効果とは?

プロゲステロンは受精卵が着床しやすいように子宮内膜を整える働きをするホルモンです。受精卵が着床したあとは、子宮内膜の状態を持続させる働きをします。

 

プロゲステロンは排卵後の卵胞が変化した黄体から分泌されるため、排卵後から生理までの期間に多く分泌されます。

 

プロゲステロンの分泌が増えると、体に水分をためこんだり、皮脂分泌を増やしたり、女性にとって嬉しくない影響もあらわれます。PMS・生理前の不調にも、プロゲステロンは大きく関係していると考えられています。

 

プロゲステロンの嬉しくない作用

ニキビができやすくなる
皮脂の分泌を増加させるためニキビができやすくなります。生理前にニキビができやすいのはプロゲステロンによる影響が大きいのです。

 

シミができやすくなる
メラニンの産生量が増えるのでシミができやすくなります。生理前はいつも以上に紫外線対策をしっかりと行いましょう。

 

むくみ・便秘になりやすくなる
からだに水分をため込む作用があるため、顔や足がむくみやすくなります。腸の働きを弱めたり、便から必要以上に水分を吸収してしまい便秘になってしまうこともあります。

 

イライラ、不安、頭痛、食欲が増す
プロゲステロンが多く分泌されると精神面にもさまざまな影響があらわれます。生理前はイライラしたり、気持ちが不安定になったりすることがあります。

女性ホルモンはバランスが大切

それぞれの女性ホルモンが心身に与える影響を比べてみると、「エストロゲンが増えてプロゲステロンには減ってほしい」と思う人が多いのではないでしょうか。

 

しかしプロゲステロンも、エストロゲンと同様、女性に必要な大切なホルモンです。

 

たとえば、エストロゲンの量が多い時期が異常に続いてしまうと、乳腺や子宮内膜にストレスがかかります。その結果、乳がんの発症率や子宮内膜症、子宮がんリスクが高まるというリスクが増します。

 

こうしたエストロゲンの負のリスクを抑えているのがプロゲステロンです。プロゲステロンには抗エストロゲン作用があり、エストロゲンが多くなりすぎることにより起こるリスクを抑える働きがあるのです。

 

エストロゲンだけが増えてもダメでプロゲステロンだけが減ってもいけません。女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンがバランスよく分泌されることが大切です。

 

関連記事:女性ホルモンのバランスを整える方法