ニキビと女性ホルモンの関係は?原因と治す方法

「小さなニキビがたくさんできる」「ニキビができやすい場所がある」「ときどき大きなニキビができる」「ニキビが気になってつい触ってしまう」

 

「ニキビといえば思春期の頃にできるもの」というイメージがあるかもしれませんが、実は大人になってからニキビができはじめたということも多いです。

 

実はニキビと女性ホルモンには密接な関係があります。ここでは、ニキビと女性ホルモンの関係、原因、治す方法についてお話します。

ニキビがができる原因とは?

ニキビとは、皮脂が毛穴につまることで、皮脂をエサとするアクネ桿菌が増殖して引き起こされる炎症のことをいいます。

 

思春期にできるニキビは、その時期特有の各種ホルモン分泌の急激な増加の影響がしています。

 

20代、30代でできる大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れや乾燥、ストレスなどのさまざまな要因が複合的に混ざりあうことで発生します。

 

なかでも、大人ニキビに大きな影響を与えているのは「ホルモンバランスの乱れ」と「肌の乾燥」です。

ニキビの原因@ 女性ホルモンのバランスの乱れ

ニキビは女性ホルモンの状態と密接に関係しています。

 

女性ホルモンが乱れて男性ホルモンが優位になるとニキビができやすい肌状態になります。

 

男性ホルモンは、皮脂の分泌を盛んにし、角質層を厚くする作用があり、ニキビができやすい肌状態にします。

 

男性ホルモンの作用がとくに表れやすい部位は、あごやフェイスライン、鼻の下、口周りなどの男性のヒゲが生える部位です。

 

これらの部位にニキビができている場合、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの活性が強くなっているサインと思ってよいでしょう。

 

また、女性ホルモンのひとつプロゲステロン(黄体ホルモン)は、男性ホルモンに似た作用があるため、ニキビをできやすくします。

 

プロゲステロンは生理前に多く分泌されるホルモンです。生理前にニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるのは、こうしたことが影響しています。

 

関連記事:女性ホルモンと皮脂の関係は?原因と減らし方

ニキビの原因A 肌の乾燥

大人になってからできるニキビは思春期のころにできるニキビとは違い、洗いすぎが原因となりできることが多くあります。

 

ニキビは皮脂腺から分泌される皮脂が毛穴のなかで詰まることにより起こります。皮脂は紫外線や有害物質から肌を守る働きをするなくてはならないものです。

 

しかし多く分泌されすぎてしまうとニキビの原因となります。気をつけたいのは、肌がベタベタしているからといって、過剰に顔を洗って皮脂をとりすぎてしまうことです。

 

肌が乾燥してしまうと、乾燥している肌を潤そうと皮脂の分泌が増えたり、刺激から自身を守るために角質層が厚くなったりします。

 

また、肌の乾燥はターンオーバー(新陳代謝)を低下させ、表皮に古い角質をためてしまい、皮脂を毛穴に詰まりやすくしまうのです。

ニキビを治すためのポイントまとめ

ニキビ肌向けのスキンケアを行う

油分の多いクレンジング剤の使用やオイルクレンジングを避け、油分の少ないジェルクレンジングを使いましょう。

 

洗顔後はすぐに化粧水を使用し、乳液やクリームでフタをしましょう。過剰なケアは肌に刺激を与えニキビを悪化させるのでNGです。

 

便秘を改善する

便秘になると腸内に悪玉菌が増え、老廃物が毛穴を刺激し、ニキビができやすくなります。

 

適度な運動や食物繊維、プロバイオティクス食品(腸内によい影響を与える微生物が含まれた食品)をとるようにし、腸内環境を整えましょう。

 

ストレスをためない

ストレスで分泌されるストレスホルモンが過剰になると、体にさまざまなトラブルがあらわれ、肌にも悪影響があらわれます。

 

また、ストレスは非常に活性度の高い男性ホルモンを分泌させます。睡眠や休息をしっかりとり、心身ともに体調を整えていきましょう。

 

血行を促進する有酸素運動

ウォーキングや段差運動などの有酸素運動には、血行を促進しホルモンバランスを整える効果があります。

 

また、代謝を高めたり、自律神経を整える効果もあります。週2〜3日でも大丈夫ですので長く続けることが大切です。

 

和食中心の食事をとる

脂分、糖分は皮脂分泌を増加させます。肉の赤みやスイーツなどの食べ過ぎには注意が必要です。

 

高カロリー、高脂肪の食事は避け、 食事はできるだけ和食中心に摂るようにしましょう。肌の代謝を助けるビタミンB郡や水分などの補給も忘れずに行いましょう。

 

洗顔やシャンプーのすすぎをしっかりとする

すすぎの際は、髪の生え際やアゴなどに石鹸が残らないように気をつけてください。

 

またシャンプーやリンスの成分が顔に残ると、肌の炎症やニキビの原因となりますので髪を洗い流した後は顔もしっかりとすすぎましょう。

 

ビタミン系のサプリメントをとる

ビタミンB群、ビタミンC、A、Eは代謝を促進したり活性酸素を除去したりしてくれる美肌にとって必須の栄養素です。

 

脂質の代謝を促進してくれる働きもありますので皮脂の抑制にもなります。これらを多く含む緑黄色野菜、またサプリメントでもビタミンを補いましょう。

 

睡眠をしっかりとる

睡眠不足はホルモンバランスを乱す原因となります。睡眠は時間だけでなく質も大切です。

 

就寝前はスマホやパソコンなどは見ないようにし、できるだけリラックスして過ごすようにしましょう。

 

ハトムギ茶をとる

ハトムギにはデトックス作用があり、大人ニキビやシミの改善におすすめの美肌穀物です。ビタミンB群が豊富なのも嬉しいところです。

 

自然食品店や乾物コーナーでお気に入りのものを探してみてください。また、ネット通販でも購入することができます。

まとめ

ニキビは皮脂が毛穴に詰まることで引き起こされます。予防するためには皮脂が多くなりすぎないよに気をつけ、角質層を厚くしすぎないようにケアしていくことが大切です。

 

皮脂を増やしたり角質層が厚くしたりするのは主に男性ホルモンや、プロゲステロンです。こうしたことから、ニキビを作らないためには女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。

 

従来のニキビケアに、女性ホルモンケアをプラスし、肌の状態を整えていきましょう。