生理前に便秘になる原因は女性ホルモンのせい?予防・改善方法は?

「お腹が張って苦しい」「仕事に集中できない」「下っ腹がぽっこりしている」

 

便秘は年齢を問わず女性に多いトラブルです。便秘のとき特有の体のダルさや不快感はとてもイヤなものです。

 

とくに生理前は便秘になりやすくなます。実はこれには女性ホルモンの働きが関係しています。

 

生理前になると便秘になりやすくなるのはなぜでしょうか?また、どのように改善していけばいいのでしょうか?

生理前に便秘になりやすい原因とは?

女性が生理前に便秘になりやすいのは、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の働きが関係しています。

 

プロゲステロンとは妊娠の準備をするために子宮内膜を整える女性ホルモンです。排卵から生理前にかけて多く分泌されます。

 

プロゲステロンは大切な働きをする女性ホルモンですが、嬉しくない働きも多々あります。プロゲステロンが多く分泌されると、むくみやすくなったり、便秘になりやすくなるのです。

 

プロゲステロンの分泌のピーク時である生理前は、大腸からいつも以上に水分が吸収されて便が硬ります。また、腸の働きが弱まり、便をスムーズに排出できず便秘になりやすくなります。

便秘の予防・改善方法とは?

生理前はプロゲステロンの影響で便秘になりやすくなります。しかし腸内ケアを積極的に行うことで、便秘を予防・改善することはできます。

 

発酵食品や食物繊維をとる

発酵食品は腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整える作用があります。食物繊維は腸を刺激して排便を促進したり、便そのものを作ったりする働きをします。

 

納豆や味噌などの植物性の発酵食品、豆類、きのこ、海藻、ごぼうの食物繊維がおすすめです。

 

朝食をとる

「時間がなくて朝ごはんを食べている暇がない」という人もいるかもしれません。しかし朝食をとることは便秘予防・改善をするためには大切です。

 

朝食をとると活動の神経である交感神経が活性化され、ます。それに連動する形で腸のぜん動運動も活性化されます。

 

おすすめの朝食メニューは、わかめたっぷりのお味噌汁です。わかめの食物繊維と味噌の植物性たんぱく質には整腸効果がたっぷりであり、まさに便秘解消にピッタリです。

 

腹筋・ウォーキングをする

女性が男性に比べ便秘になりやすい理由のひとつに、「腹筋が弱い」ということがあります。

 

腹筋を鍛えると便を押しだす力がつき、お通じが今以上に良くなるはずです。また、ウォーキングなどの全身運動も腸を刺激して働きをスムーズにします。

 

最近運動不足かも、という人は1日20回程度の腹筋と週3〜4回のウォーキングを生活にとりいれてみるとよいでしょう。

 

ヨーグルトを食べる

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌には緩下効果があり便通を良くします。善玉菌のエサにもなりますので腸内環境を整える効果もあります。

 

ヨーグルトはそのまま食べてもおいしいですが、食物繊維を含むバナナやブルーベリーなどの果物を混ぜて食べると、なお腸の調子を整えることができます。

まとめ

生理前に便秘になりやすい原因は女性ホルモンであるプロゲステロンの働きが関係してます。

 

プロゲステロンに水分を吸収する作用や腸のぜん動運動を弱める作用があるため、プロゲステロンの分泌のピーク時である生理前はどうしても便秘になりやすくなってしまうのです。

 

生理前の便秘を予防・改善するためには、腸内環境を整えていくことが大切です。生理前の苦しい便秘に悩まされている方は、ここで紹介した便秘予防・解消方法をぜひ試してみてくださいね。