PMSがひどい人におすすめのサプリ!生理前の辛い症状にさようなら!

「生理前は肌荒れやむくみがひどくて外出したくない…」「お腹が痛くて痛くて歩くのも大変…」「訳もなくイライラしてついつい人にあたってしまう…」

 

生理前は心身ともに不調を感じることは多いと思います。PMSには個人差があるものです。生理前でもケロリとしている人いれば、外に出れないほど症状が重い人もいます。ここでは、PMSがひどい人向けに、PMSの原因や対策についてお話します。

PMSがひどい人におすすめのサプリとは?

女性のミカタ

2つの有効成分から選べるのが特徴。コスパの良さも◎

女性ホルモンのバランスを整えてカラダのトラブルを抑えるチェストベリー配合のすこやか編、ココロのトラブルを整える月見草オイル配合のやすらぎ編という2種類から選ぶことができる。美肌ビタミンやイソフラボンもたっぷり含まれていて美容にも嬉しいのがポイントです!

 

女性のミカタ公式サイトはこちら


 

ルナベリー

成分と配合量

PMSの悩みをもつ女性が開発したリピート率93.2%の人気サプリ。女性ホルモンのバランスを整える有効成分であるチェストベリーや月見草オイルなどの9種類のハーブに、ビタミンB群やイソフラボン等の栄養素が一粒に凝縮。女性の元気と美容に働きかえる栄養素がバランス良く配合!

 

ルナベリー公式サイトはこちら


 

今ではPMSにどのような成分が効果的で、どれくらい緩和することができるかが、徐々にわかってきています。

 

生活習慣や食事を変えたりするだけでは治らないひどいPMSに悩まされている方の場合、PMSを緩和する成分を含んだサプリを活用してみるのがおすすめです。

 

飲み始めてから驚くほど軽くなった、という方も多いです。また、すでにPMS向けのサプリを飲んでいるけど効果がない、という方は婦人科の医師にPMSの症状を相談し、低容量ピルの処方をお願いしてみるのもひとつの手です。

まずはPMSの原因を確認しましょう!

生理前の不調を、PMS(月経前症候群)といいます。生理が始まる3日〜10日前ぐらいに起こります。

 

イライラや憂鬱などの精神的症状と、乳房のハリや痛み、肌荒れ、頭痛などの身体的症状があります。

 

PMSの原因はまだ完全に解明されていません。しかし排卵後におこる女性ホルモンバランス(エストロゲンとプロゲステロン)の変動が関係し、とくにプロゲステロンがつよく影響していることがわかっています。

 

生理前でも元気な人もいれば、家から出るのもツラい人もいるように、PMSには個人差があるものです。

 

たとえば、以下のようなことに当てはまる方は、PMSがひどくなる傾向が高いようです。

 

  • ストレスを感じやすい
  • 真面目で几帳面な性格・考え方
  • 栄養の偏った食事をしている
  • 冷え症、血行が悪い
  • 自律神経が乱れている

PMSがひどいときの対策は?

PMS時はプロゲステロンの影響により、強い眠気が表れたり、イライラや憂鬱が表れたりすることもあるでしょう。そんなときにおこないたいPMS対策をご紹介します。

 

低容量ピルをとる

ピルというと「避妊薬」としてのイメージが強いかもしれませんが、PMSを軽減する効果もあります。PMSは生理前のホルモンバランスの変化が大きく関係しています。

 

低用量ピルを使用することで、生理前のホルモンバランスの変化を和らげ、PMSを緩和することができます。ピルは婦人科で処方されますので、まずは婦人科の先生に相談し、適切な濃度のピルを選んでもらいましょう。

 

からだを温める

PMSの原因のひとつとして、冷えによる血行不良があります。女性がとくに冷やしてはいけない部位は女性ホルモンの分泌をおこなう卵巣のある下腹部です。

 

からだを冷やす要因として、長時間同じ姿勢でいたり、冷たい飲み物をたくさん飲んだりすることがあげられます。

 

からだが冷えきっているときは、湯たんぽで足を温めたり、ホッカイロを腰や下腹部に貼ったり、ぬるま湯に半身浴をして汗をかいたりして、からだを温めていきましょう。

 

睡眠をしっかりとる

「眠気がひどい」「ボーっとする」このようなPMSの症状があらわれる人も多くいます。

 

この症状はプロゲステロンの体温をあげる作用の影響と考えられています。こういうときは仕方ありませんので、普段より多めに睡眠をとり、からだを休めてあげましょう。睡眠不足は自律神経やホルモンバランスを乱し、PMSを悪化させますので注意してください。

 

婦人科へ行く

症状があまりにひどいときは婦人科へ行き、症状に合わせた適切な処置をしてもらいましょう。

 

主にホルモンバランスを整えるための低容量ピルや、症状を緩和する漢方が処方されます。また、婦人科の先生につらい症状を相談することで、精神的にすこし楽になれるかもしれません。

 

食生活を見直す

PMSは普段口にする食べ物からも影響をうけます。摂りたい食べ物は、低糖質・低脂肪食。そしてビタミンやミネラルが豊富や野菜や果物です。

 

PMSのひどい症状をおさえる食べ物
  • ビタミンB6…鶏のレバー、マグロの赤み、アーモンドなどのナッツ類
  • ビタミンE…ひまわり油や大豆油などの植物油、アーモンドなどのナッツ類
  • カルシウム…干しえび、ししゃも、大根
  • マグネシウム…あずきや納豆などの豆類、昆布やわかめなどの海藻類
  • 大豆イソフラボン…納豆、豆腐、きなこ
  •  

    逆にPMSを悪化させるもにには以下のようなものがあります。

     

    PMSのひどい症状を悪化させる食べ物
    • 脂肪、糖分、塩分が高いもの
    • コーヒーなどカフェイン類
    • スナック菓子
    • お酒などアルコール類

まとめ

PMSは女性ホルモンのバランスがつよく影響して起こる症状です。PMSを緩和するためには生活習慣を見直すことも大切ですが、サプリなどで体調をサポートしていくこともおすすめです。女性ホルモンを整えていきPMSのつらい症状とさよならしていきましょう!