女性ホルモンも薄毛に関係あり!対策をして改善を!

「セットしても髪がぺちゃんとしてしまう」「髪を洗うたびたくさんの毛が抜ける」「髪が細くなってハリがなくなった」「髪が薄くなってきた気がする」

 

髪の悩みを抱える女性は年々増えています。まだ若くても頭頂部や分け目部分が薄毛になってしまう人も多いようです。実は女性の薄毛は、女性ホルモンが関係しています。ここでは女性の薄毛の原因と対策についてお話します。

女性の薄毛の原因とは?

栄養不足で髪に栄養が届いていない

肌同様、髪も加齢により変化していき、細くなったり抜け毛が増えたりしていきます。しかし、まだ若くても抜け毛が増えてしまう女性も多いようです。

 

若い女性の薄毛の原因のひとつに、栄養不足があります。髪はケラチンというたんぱく質からできています。ダイエットや偏食で髪の原料となるタンパク質などが不足すると、髪のツヤがなくなったり、細くなったりして抜け毛が増えていきます。

 

血行不良・ストレス

髪の根元には、髪に栄養を送る毛乳頭という部分があります。その毛乳頭まで栄養を運んでいるのは、皮膚に張り巡らされた毛細血管です。

 

ストレスや喫煙、冷え、睡眠不足などにより血行が悪くなると、毛乳頭まで栄養がスムーズに届かなくなります。その結果、髪が栄養不足となり、健康に育たなくなります。

 

女性ホルモンのバランスの乱れ

女性ホルモンのエストロゲンには、髪の成長を持続させる働きがあります。そのためエストロゲンが減少すると髪の成長期が短くなり、抜け落ちるのが早くなってしまいます。

 

また、エストロゲンには髪のコシのもとであるコラーゲンの生成を促進する働きがあるため、減少してしまうと髪のハリやコシも低下していきます。

 

こうして、若くてもストレスや過度なダイエットなどによりホルモンバランスが乱れると、抜け毛が増えてしまうのです。

しっかり薄毛対策をして改善を

基本となるのはストレスをためたり、ホルモンバランスを乱したりしない規則正い生活をすることです。そのうえで、女性の薄毛を治すために押えておきたいポイントをまとめました。

 

ヘアケアをしっかりと

頭皮が健康でないと、健康な髪は生まれません。頭皮環境が悪いと抜け毛が増えるだけでなく、湿疹やかぶれが起きてしまうこともあります。

 

肌に合わないシャンプーを使い続けることで、炎症を起こすこともあります。化粧品を選ぶように、自分にあったシャンプーやコンディショナーを見つけ、刺激の少ないヘアケアを行い頭皮環境を整えていきましょう。

 

正しいシャンプー方法
  1. シャンプー前は、ブラッシングをして、血行をよくし、髪についたほこりをおとしておく
  2. シャンプー剤を使う前に、お湯だけです予洗いを。髪をよくしめらせて、地肌の汚れを浮き上がらせる
  3. シャンプー剤は一度手に取り、泡立ててから髪に。直接髪にシャンプー剤をつけない
  4. 指の腹を使い、地肌を下から上にマッサージするようにシャンプーを
  5. すすぎはシャンプー剤が残らないよう、時間をかけて丁寧に
  6. 髪を保護するために、コンディショナーやトリートメントを丁寧に
  7. ぬれた状態は髪が痛みやすいのですぐに乾かす。タオルで上から押さえるように水分をとって
  8. ドライヤーは20cmほど離し、こまかく動かして、一箇所に長くあてない

 

女性用育毛剤を使用する




「育毛剤といえば男性のもの」と思っている人も多いと思いますが、今はさまざまなタイプの女性用育毛剤も発売されています。

 

育毛剤の働きとは、髪の元となる毛乳頭を活性化させる有効成分を頭皮に浸透させ、髪が成長する期間の伸ばし、太くたくましく成長させることにあります。育毛剤は有効成分だけでなく、その浸透性に注意して選ぶようにしましょう。

 

関連記事:女性ホルモン配合育毛剤は効果なし?嘘のインチキ商品!?

 

頭皮の血行不良を改善する

血行が悪くなると、髪を作るために必要な栄養であるアミノ酸や亜鉛などが、髪まで行き届かなくなります。そうなると健康な髪が生えなくなり、抜け毛も増えてしまいます。

 

血行を良くするために頭皮マッサージや半身浴、ウォーキングなどの有酸素運動を生活習慣にとりいれましょう。

 

良質なタンパク質をとる

髪は皮膚の一部であり、その95%はケラチンというタンパク質が占めています。ケラチンを増やすために大切なのは良質なタンパク質を十分に摂ることです。

 

良質なタンパクが含まれているおすすめの食品は、大豆食品、かつお節、高野豆腐、しらす干しなど。これらの食材を普段の食事に、意識的にプラスしてみてください。

 

良質なビタミンを摂る

ビタミンはタンパク質の働きをよくする効果があります。タンパク質をとるときはビタミンA、B6・Eを含む野菜と一緒に摂るとよいでしょう。

 

また、髪の毛の新陳代謝を活発にするビタミンB郡も積極的にとりたいところ。ビタミンだけでなく、亜鉛や鉄、銅などのミネラルも育毛には必須の栄養素です。

 

不足しがちなメチオニンを補う

メチオニンとは目の網膜を修復するために使われる必須アミノ酸であり、髪の毛をつくる栄養素でもあります。目を酷使するとメチオニンが目の網膜の修復に多く使われてしまい、髪の毛まで行き届かず、抜け毛の原因になることも。

 

メオチニンは、ほうれん草、グリーンピース、とうもろこし、ピスタチオ、カシューナッツ、いんげん、豆腐などに多く含まれていますので、積極的にとるようにしましょう。

女性ホルモンと薄毛の関係まとめ

女性ホルモンと髪の状態は密接に関係しています。最近髪が薄くなってきた、という方は女性ホルモンのバランスが乱れている可能性がありますので、ストレスがたまっていないか、食生活が乱れていないか、など生活習慣を見直してみてください。最近では女性用の育毛剤を発売されていますので、そちらを使ってみるのもひとつの手です!