女性ホルモンが分泌される時間、方法、場所とは?

「女性ホルモンの分泌される器官は子宮?卵巣?」

 

すべての女性にとって大切なホルモンである女性ホルモンですが、分泌されるメカニズムは知っているようで知らないものです。ここでは、女性ホルモンがどのように分泌されるのかについてお話します。

ホルモンとは?

そもそもホルモンとはいったい何なのでしょうか?

 

ホルモンとは、血液から全身に運ばれ、からだの各部位を働かすための命令をだす化学物質の総称のことをいいます。ホルモンという言葉の語源は、ギリシャ語の「刺激する」「興奮させる」という言葉からきています。

 

ホルモンがつくられる場所に、脳の視床下部や下垂体、甲状腺、副甲状腺、すい臓、副腎、卵巣などの部位があります。これらホルモンを分泌する器官は内分泌器、もしくは内分泌腺と呼ばれます。

 

代表的なホルモン
  • 成長を促す成長ホルモン
  • 血液中の糖の代謝を助けるインスリン
  • 激しい運動をすると分泌されるアドレナリン
  • 妊娠、出産をできるようにする女性ホルモン

 

関連記事:やる気、快感、安らぎ、闘争心をつくるホルモンとは?

女性ホルモンの種類とは?

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2種類のホルモンがあります。

 

これらふたつのホルモンはともに卵巣から分泌されています。エストロゲンは、卵子を含んだ球状の細胞の集合である卵胞から分泌され、プロゲステロンは排卵後の卵胞が変化して形成される黄体から分泌されます。

 

生理が起きたり、妊娠や出産したりするのは、このふたつの女性ホルモンの働きによるものです。

 

女性ホルモンの分泌量は年齢や生理周期にしたがい変化します。その変化が女性の心身にさまざまな影響を与えています。

 

関連記事:女性ホルモンは2種類!エストロゲンとプロゲステロンの違いを簡単に解説!

女性ホルモンが分泌される方法とは?

卵巣が女性ホルモンを分泌するためには、脳の下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンが届けられる必要があります。

 

そして、性腺刺激ホルモンを分泌するように下垂体に司令を出しているのは脳の視床下部という器官です。

 

視床下部は、体温、自律神経、免疫、ホルモン、食欲、性欲、睡眠などを調整するからだの司令塔のような器官です。

 

視床下部が、血液中の女性ホルモンの濃度を感じ取り、卵巣が分泌する女性ホルモンの量をコントロールしています。

 

女性ホルモンのフィードバックシステム
  1. 視床下部が下垂体に性腺刺激ホルモン分泌の司令を与える
  2. 下垂体が性腺刺激ホルモンを分泌して、卵巣に女性ホルモン分泌の司令を与える
  3. 卵巣が女性ホルモンを分泌し、女性ホルモンは血液にのり標的となる器官へ届けられる
  4. 血液中の女性ホルモンの濃度が視床下部へ伝わる

女性ホルモンが分泌される時間は?

女性ホルモンは朝に多くなったり夜に多くなったりすることはなく、基本的に一定に分泌されています。

 

私たちの体の中には感情や眠気を引き起こすさまざまなホルモンが流れています。

 

ストレスを感じたときに副腎から分泌される「コルチゾール」というストレスホルモンがあります。朝、起床後に分泌量が最も多くなり、時間がたつにつれ徐々に減っていきます。

 

「メラトニン」という夜眠るときに分泌されるホルモンは、起床後、太陽の光を体に浴びてから約12時間後に多く分泌されます。こうしたことから、リズムとおりに眠気がおります。

 

このようにホルモンのなかには一日のなかで分泌量が変化するものもあります。

女性ホルモンの分泌のまとめ

女性ホルモンは脳と卵巣の連携プレーにより分泌されています。女性ホルモンの分泌を正常に保つためには、視床下部、下垂体、卵巣の各部位、そしてこれらをつなぐホルモンの調節機能がスムーズに働いていることが大切です。