女性ホルモンとダイエットの関係とは?痩せるためのポイントまとめ

「ダイエットがなかなか成功しない」「意思が弱くてダイエットが続かない」「ついつい食べ過ぎてしまう」

 

ダイエットに励む方のなかには、こうした悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

 

ダイエットは、「飢餓に備えてカロリーをため込もうとする人間の本能」に反する行為であり、本来難しいものです。そのうえ女性ホルモンのバランスが乱れている状態では、さらに難しくなります。

 

ダイエットをスムーズに行うために、女性ホルモンのバランスを整えることは大切です。ここでは女性ホルモンとダイエットの関係についてお話します。

女性ホルモンの周期とダイエットの関係とは?

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつのホルモンがあります。生理後からエストロゲンが増え、排卵後から生理までプロゲステロンが増えるという周期を繰り返して分泌されています。

 

エストロゲンが多く分泌されている時期か、プロゲステロンが多く分泌されている時期かによってもダイエットのしやすさに違いがでます。

 

たとえばエストロゲンには、脂肪代謝を促す働きや、食欲を抑える働きがありますが、プロゲステロンには脂肪をためこんだり、水分をためこんだり、食欲を増加させたりする働きがあります。

 

こうしたことからダイエットをはじめるのにおすすめの時期は、生理が終わってからのエストロゲンが多く分泌されるタイミングです。ダイエットを行うさいは女性ホルモンの周期にも意識を向けてみましょう。

 

関連記事:女性ホルモンは2種類!エストロゲンとプロゲステロンの違いをカンタンに解説!

生理前のダイエットが痩せない理由とは?

生理前に多く分泌されるプロゲステロンには脂肪をためこんだり、水分をためこんだり、食欲を増加させたりする働きがあります。

 

そのためプロゲステロンが増える生理前は食べ過ぎたり、便秘になったり、からだがむくんだりしやすくなります。

 

こうしことから、エストロゲンが減りプロゲステロンが多くなる生理前のダイエットはつらいのです。また、女性ホルモンのバランスが乱れてエストロゲンの分泌が十分にされていない場合も、生理前と同じくダイエットが難しくなります。

生理前の食べ過ぎでダイエット失敗しないコツとは?

生理前はプロゲステロンが多く分泌される影響で食欲が増し、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。

 

食べ過ぎを予防するコツは、よく噛んで食べて満腹中枢をしっかり働かせることです。満腹中枢は食べてから約20分後に働きはじめますので、ゆっくり噛んで食べれば、やがて満腹中枢が働き、食べ過ぎを予防してくれます。

 

また、腸内環境を整える働きをもつ野菜やきのこ、海藻類を多めに摂るようにしましょう。食物繊維中心とする食事にすることで、しぜんとカロリーの高い食品を摂る量も減っていくことでしょう。

甘いものが食べたくなったら「セロトニン」パワー

セロトニンとは気持ちを安定させる働きをするホルモンです。セロトニンには食欲を抑えるという作用がります。

 

イライラして過食にはしる、という行為の背後には、セロトニンが不足していることが関係していると考えられています。また、過食に走るときに求めるものといえば大抵甘いものです。

 

なぜ甘いものを食べたくなるのかというと、甘いものを食べることで一時的にセロトニンが増えるからです。イライラして過食をしたくなったときは、甘いものを食べる以外の手段でセロトニンを増やしていきましょう。

 

たとえば一定のリズムで体を動かすリズム運動をする、セロトニンの材料であるトリプトファンを含む食事を摂るよにする、感動できる映画やドラマを見てみる、などすることでセロトニンの分泌がアップします。

 

関連記事:女性ホルモンのイライラ解消!セロトニンを増やす方法

ダイエットで痩せるための食べ物とは?

お肉ばかり、野菜ばかりという偏った栄養バランスではダイエットもスムーズにいきませんよね。ダイエットのために積極的に摂りたい栄養素を紹介します。

 

ビタミンB、Cを含む柑橘類の果物

抗ストレス作用や、脂肪や糖類の代謝を促すビタミンB1やビタミンCを含む食品を多めに摂るようにしましょう。

 

ビタミンB1は豚肉やレバー、ビタミンCは柑橘類の果物などに多く含まれています。

 

それが難しい人はサプリなどを活用して補いましょう。ビタミンBやビタミンCのサプリは薬局やドラッグストア、スーパーなどにも販売されていますので気軽に手に入れることができます。

 

植物性たんぱく質を含む大豆製品

お肉の食べ過ぎも問題ですが、たんぱく質をとらないと筋肉が落ちていき体がたるみ、冷えやすい体質になってしまうリスクも増します。良質なたんぱく質をとることは大切です。

 

ダイエット中は動物性たんぱく質だけでなく、植物性たんぱく質である豆類や穀類も積極的に摂るようにしましょう。特におすすめなのは、大豆、いんげん豆、レンズ豆、ナッツ類、カボチャの種などです。

 

関連記事:女性ホルモンを増やす栄養素5選!「リコピン」「イソフラボン」「パントテン酸」「コレステロール」

女性ホルモンとダイエットのまとめ

ダイエットの本来の意味は「食事療法」です。無理なダイエットで一時的には痩せても、その後リバウンドしてしまっては意味がありません。

 

また、ダイエットをはじめたことで生理周期が乱れるなら、それはダイエットの仕方が間違っている証拠です。健康的に痩せるためにも、女性ホルモンを意識してより効率的なダイエットを行っていきましょう。