恋愛・セックスは女性ホルモンを増やすって本当?

「恋愛をすると女性ホルモンが増えてキレイになる」「セックスをすると女性ホルモンが増えてキレイになる」

 

このようなことを耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?たしかに恋愛やセックスには、いかにも女性ホルモンを多く分泌させてくれそうなイメージがあります。しかし、それって本当なのでしょうか?

 

ここでは、恋愛・セックスで女性ホルモンが増えるのか?というテーマについてお話しをます。

脳への心地よい刺激で女性ホルモンはアップ!

結論からいいますと、恋愛やセックスそのものに女性ホルモンを増やす効果はありません。

 

ただし、気持ちが満たされるような恋愛やセックスであれば、脳に良い影響が与えられて、結果的に女性ホルモンが増える、ということはあります。

 

いい恋愛やセックスをすると、脳が刺激されて「ドーパミン」や「オキシトシン」という、幸せな気持ちにしてくれるホルモンが多く分泌されます。

 

ドーパミンやオキシトシンなどの幸せな気持ちにしてくれるホルモンには、女性ホルモンの分泌を調整している脳の視床下部の活性を高める働きがあります。その結果、女性ホルモンの分泌も活性化されるのです。

 

つまり、ときめきを感じたり、気持ちが満たされれば、女性ホルモンにも良い影響があらわれるのです。

無理な恋愛やセックスは女性ホルモンには逆効果!

「恋愛やセックスをまったくしていないから女性ホルモンが減ってしまう」なんてことはありません。

 

むしろ無理な恋愛やセックスをするとストレスとなり、女性ホルモンには悪影響。大切なのは「気持ちが満たされている」ということです。

 

恋をしていなくても、好きなアイドルやキャラクターを観てときめいたり、動物と触れ合って癒やされたり、趣味の時間を楽しんだり、自分なりの方法でときめきを感じて心から満たされることが、女性ホルモンにも良い影響を与えてくれます。

 

女性ホルモンは脳と卵巣の連携プレーで分泌されています。女性ホルモンの分泌を良好にするためには、心の状態もとても大切です。

 

イライラしたりストレスがたまっている生活がつづくと、女性ホルモンの分泌にもわるい影響があらわれてしまうので気をつけましょう。