女性ホルモン配合育毛剤は効果なし?嘘のインチキ商品!?

薄毛が気になって対人関係がうまくいかない、薄毛がコンプレックスで鏡を見るのもつらい、こうした深刻な悩みの元になってしまうのが女性の薄毛。年齢を重ねるにつれ気になりはじめる人も多いでしょう。

 

薄毛の対策方法としてもっともポピュラーなものが育毛剤です。最近は女性向けの育毛剤も多くのメーカーから販売されています。ネット通販で購入することができますので、気軽に試すこともできます。

 

しかし、本当は育毛効果がないのに、まるで育毛効果があるかのように謳って広告を出している育毛剤メーカーも多くあります。たとえば「女性ホルモン配合育毛剤」などです。

 

女性ホルモンが毛根に働きかけてくれれば、たしかに髪には良さそうな気がします。しかし、「女性ホルモン配合育毛剤」には本当に女性ホルモンが入っているのでしょうか?また、育毛効果はあるのでしょうか?

女性の薄毛の原因とは?

薄毛はさまざまな要因が合わさり発生するものです。そのなかでも特に大きな影響を与えているものに、「女性ホルモンの低下、バランスの崩れ」があります。女性ホルモンは30代に入った頃から徐々に減りはじめ、40歳以降はガクっと減っていきます。

 

女性ホルモンのひとつ、美のホルモン・エストロゲンには、髪の成長を促進させる働きがあります。エストロゲンが減少すると髪の成長力が弱まり薄毛が起こりやすくなるのです。こうしたことから、女性ホルモンが減るタイミングと女性の薄毛が起こるタイミングは同じであることが多いです。

 

また、20代、30代の女性でも仕事や家事、育児のストレス、激しいダイエットなどで女性ホルモンのバランスを崩してしまうと、一時的に薄毛が起こることがあります。ホルモンバランスを整えるためには、生活習慣、食生活を見直していくことが大切となります。

 

関連記事:女性ホルモンも薄毛に関係あり!対策をして改善を!

生活にとりいれたい育毛習慣とは?

女性ホルモンの減少を防ぐ、バランスの崩れを整えるためには生活にちょっとした工夫をしてあげることが肝心です。ここでは女性ホルモンのバランスを整えるために生活に取りいれたい代表的な習慣をお伝えします。

 

有酸素運動でホルモンバランスを保つ

ウオーキングや段差運動などの穏やかな有酸素運動は自律神経を整え、女性ホルモンにも良い影響を与える効果があります。また、適度な運動は女性ホルモンにとって大敵であるストレスの解消にもつながります。

 

栄養バランスのよい食事をとる

髪の原料となるたんぱく質、成長をサポートするビタミンE、コエンザイムQ10、カリウム、、女性ホルモンと同じような働きをするイソフラボンなど、髪の成長をサポートする栄養をバランスよくとってくことも育毛には大事です。甘いもの、脂っこいものは血行を悪くし髪への栄養供給を様違える要因になりますのでできるだけ控えるようにしましょう。

 

関連記事:女性ホルモンのバランスを整える方法まとめ

女性ホルモン配合育毛剤は嘘?インチキ?

女性ホルモンには薄毛を予防、改善してくれる働きがありますが、残念ながら女性ホルモンが配合されている育毛剤はありません。

 

女性ホルモンが一生のうちに分泌される量は実はティースプーン一杯分程度です。これほど微量であるにも関わらず、心身に大きな影響を与えているので驚きですよね。

 

女性ホルモンは卵巣から分泌されて血液により各器官へと運ばれることで効果を発揮します。つまり、育毛剤などにより皮膚させて働かせることはできないのです。

 

そもそも育毛剤に女性ホルモンを配合させることは技術的にも無理がありますし、仮に女性ホルモンが配合されたとしても毛母細胞まで浸透させることは困難であるといえます。

女性ホルモンと同じような成分が含まれる育毛剤はある?

女性ホルモン配合の育毛剤はありませんが、女性ホルモンと同じような効果を持つ成分が含まれている育毛剤はあります。たとえば「ヒオウギエキス」という植物エキスは女性ホルモンと同じような働きをもつイソフラボンが主成分です。

 

ヒオウギエキスには、男性ホルモンが毛母細胞に与える作用を防ぎ、薄毛を予防、改善する働きがあるのです。

 

育毛剤に含まれている成分は、各育毛剤販売ページからチェックすることができます。育毛剤を購入する前には配合されている成分すべてに目を通すようにするといいでしょう。肌が弱い人はアルコール(エタノール)の量などにも 注意しましょう(成分表示は配合量の多い順に記載されています)。

女性ホルモンと育毛剤まとめ

女性ホルモンパワーで育毛を助ける育毛剤があればよいのですが、先ほどもお話ししたとおり女性ホルモンが配合されている育毛剤はありません。

 

女性ホルモンの減少や、バランスの崩れが原因であるならば、生活習慣や食生活を見直してホルモンバランスを整えていくようにしましょう。とくに、ストレスや睡眠不足、栄養不足は髪の成長の妨げとなりますので注意してください。

 

また、まだ若いのに薄毛になっているなら油断せず、気づいたときからケアを始めていくようにしましょう。薄毛は加齢にしたがい改善するのが難しくなっていきます。年齢に関係なく、症状が進行しきってしまう前にしっかりと育毛ケアを行っていくことが大切です!