女性向け薄毛対策シャンプーおすすめランキング!

「髪が薄くなった」「髪の量が減ってきた」「髪が細くなってきた」「髪のコシがなくなってきた」今このような髪の悩みを持つ女性は増えています。

 

薄毛対策のおすすめは薄毛対策シャンプーを使用することです。市販のシャンプーは刺激が強い成分が含まれていることが多く、頭皮環境によいとは言えません。おすすめの女性向け薄毛対策シャンプーは「アミノ酸系シャンプー」と呼ばれる種類のものです。

 

ここでは女性の薄毛対策に効果的なシャンプーを、実際に使用した人の声・口コミ、販売数、安全性、コスパなどから総合的に判断し、ランキング形式でまとめました。薄毛対策のために、ぜひ参考にしてみてください。

 

マイナチュレ・シャンプーの特徴

自然派成分無添加のアミノ酸系弱酸性ノンシリコンシャンプー27種類もの天然成分が配合。育毛有効成分のセンブリエキスや大豆種子エキスが髪の成長を促進してくれます。保管も血行促進や毛髪補修、皮脂分泌抑制など、頭皮環境を整える成分が豊富に含まれます。ギシギシしづらいなめらかな洗い心地で使用感も◎育毛効果に自信があるから「効果がでない」という人には全額返金保証付きです!

マイナチュレ・シャンプーの総評

薄毛対策シャンプーの中でもイチバン人気がマイナチュレ・シャンプーです。女性向け育毛剤マイナチュレから派生したシャンプーであるため、育毛剤とセットで使用するとより効果があります!(⇒ 無添加育毛剤マイナチュレ公式ページはコチラ )

CU(チャップアップ)の特徴

植物系成分22種類、オーガニック成分10種類が配合されたスカルプシャンプー。髪診断士や美容師が共同開発したオーガニックスカルプシャンプーです。分け目が目立つ、髪にコシがない、ボリュームがなくぺったりしている、そんな女性の髪の問題を解決するための育毛有効成分が独自配合されています。髪が細くボリュームがでにくい方におすすめです。

haru黒髪スカルプ・プロの特徴

化学成分ゼロ、髪の悩みサインゼロ、キシミ・仕上げの悪さゼロの100パーセント天然由来成分シャンプー。美しい黒髪を兼ねるためのヘマチンというミネラル成分が配合。育毛成分キャピシルも配合され髪の成長を促します。今なら頭皮を優しくマッサージできるリフレッシュシャンプーブラシつきです。天然由来の成分で優しく髪を洗いたい方におすすめです。

ウーマシャンプー プレミアムの特徴

頭皮環境を正常化する馬油(a-リノレン酸)、ハリ・コシ付与成分である加水分解ケラチン、針のある頭皮へ導くビタミンE誘導体、保湿力で頭皮環境を整えるカゴメ昆布エキスなどが配合。さらに25種類もの植物エキス、アミノ酸系洗浄成分が贅沢に配合されているシャンプー。男性も女性も分け隔てなく使用できるためご家族で使用できりるのがポイント。ただし価格はやや高めなのがすこし残念。

クイーンズバスルームの特徴

髪のたんぱく質の乾燥を防ぎ、水の力でくせ毛を変える薬用ヘアケアシャンプー。アミノ酸×植物由来×保湿成分のオリジナル洗浄成分配合。頭皮までうるおる贅沢な保水成分が豊富。薄毛対策用、育毛向けシャンプーというわけではありませんが、保湿力の高さから頭皮環境を整えるのに適しています。薄毛以上に頭皮の乾燥がひどい方におすすめです。

 

アミノ酸系シャンプーは保存方法に注意!

アミノ酸系のシャンプーの成分は天然成分でシャンプー液が傷みやすいので取り扱いには気をつけましょう。いちどボトルから出したシャンプー液は、ボトルに戻さず、使用の都度キャップをきちんと閉めるようにしましょう。 また、保存場所は直射日光の当たらない涼しい場所にし、開封後は早めに使い切るようにしましょう。冬などの寒い時期には天然成分が白濁することがありますが、品質に問題はありません。

「マイナチュレ・シャンプー」は女性向け育毛剤「マイナチュレ」との併用がおすすめ!

マイナチュレ・シャンプーは女性向け育毛剤マイナチュレとの併用することでより高い効果を実感できます。マイナチュレは無添加で無香料、植物成分や生薬やアミノ酸など計31種類の成分が配合されており育毛効果は抜群です。

 



 

マイナチュレは女性の髪の悩みを解消

マイナチュレは女性の髪の悩みを解消してくれる育毛剤です。マイナチュレの特徴は何といっても安心安全にこだわった商品であるということ。無添加無香料なので髪の毛や地肌に有効な成分を最大限に生かすことができるのです。

 

また薬用育毛剤として厚生労働省の承認を取得しており、乾燥肌や敏感肌の女性でも安心して使う事ができます。

 

17種類の天然植物由来成分も配合されている他、アミノ酸を10種も配合しているため細胞レベルにまで成分を浸透させる事ができます。主成分は北海道のミツイシコンブからとれる成分を原料にしています。海藻には髪の毛に良いとされるミネラルや有効成分が豊富に含まれています。
これらの有効成分が地肌を正常な状態に改善し、髪の毛1本1本を太くハリとコシのある状態に回復させてくれるのです。

 

マイナチュレの特徴

育毛剤であるマイナチュレの特徴はどんな所なのでしょうか。
1つは育毛剤では今までなかった無添加を徹底的に実現していることにあります。頭皮を悪影響を与える香料や着色料やシリコンなどの成分は一切含まれていません。
2つめとして、3つの育毛有効成分と天然植物由来成分が17種類配合されています。無添加無香料であるため、これらの有効成分の効果を最大限に発揮できる物であることが大きな特徴です。

 

主成分は北海道のミツイシコンブを使っています。海藻に含まれる豊富なミネラルや有効成分は髪の毛を太くし、1本1本にハリとコシを与えてくれるのです。
またアミノ酸を10種類も配合しているため細胞レベルにまで有効成分を浸透させる事が可能です。使い続けていくうちに髪の毛にハリとコシが戻ってくることを実感することが出来るでしょう。

 

マイナチュレの使い方

育毛剤であるマイナチュレの使い方はどのような方法なのでしょうか。
毎日のお手入れに時間がかかると長期間使用を続けるのが面倒になってしまいますよね。しかしマイナチュレなら、たった1分間のケアで済んでしまうので簡単なんですよ。

 

使い方も簡単です。まずは気になる部分に容器先端部分を優しく当てて育毛剤を塗布していきます。
使用料の目安は一回あたり約2mlで、容器を8回?10回程度プッシュした量になります。次に指の腹を使って地肌になじませます。1分間程指で頭皮をマッサージして完了となります。
洗髪後に塗布する場合には、濡れた髪のままではなく一度ドライヤーで十分に乾かしてから使用するようにしましょう。

 

毎日1分間のケアであれば、ヘアセットと一緒に行う事が出来ますね。
頭皮のケアは最低でも1ヶ月は必要な時間のかかるものなので、継続して毎日使用する事が成功の秘訣なのです。今までの育毛剤に不満を持っている方は、これを機会にマイナチュレに変えてみてはいかがでしょうか。

 

マイナチュレの返金保証制度について

通信販売で購入できる化粧品類には良くトライアルセットというものがありますね。実際に使用してみて自分に合っている商品か、また効果を実感できるかどうかを確認できるものとして人気があります。

 

育毛剤として人気のあるマイナチュレにもトライアルセットが実は用意されています。
一般的なトライアルセットというのは1?2週間分とするものが殆んどなのですが育毛剤の場合、そのような短期間では効果がわかりにくいと言われています。そのためマイナチュレでは90日間返金保証が付いています。勿論使用してしまった商品でも対応してくれるので安心ですね。商品の効果に自信があるから出来ることでもあります。
気になっている方は、まずトライアルセットから試して見てはいかがでしょうか。

haru黒髪スカルププロはキレイな黒髪を作りたい人向けシャンプー

haru黒髪スカルププロは白髪染めではありません。頭皮をきれいに洗浄しながら抜け毛を防ぎ、黒髪を作る白髪ケアが手軽にできるシャンプーです。リンスなどは不要で経済的。髪を染めることに疲れたあなたは一度、試してみませんか?(全額返金保証あり)

 

出てきたな、と思ったら急激に増えていく白髪。そのままにしておくにはさすがにまだ年齢が若いし、自宅で白髪染めをしてみても、きれいに染まらず髪がゴワゴワ。仕方なく美容室へ通っているけど、白髪染めってすぐに取れてしまうんですよね。1度染めるだけでも値段が高いのに、ひんぱんに行っていたら家計が大変。結局は、白髪が出てきても、目立ってくるまで我慢をして、染めに行くという繰り返し・・・

 

「白髪のない黒髪の頃に戻りたい」そう思ってみたりもしませんか?でも・・・染め続けているだけは戻れません。そんなあなたに試してほしいのがシャンプーで白髪ケアができる「haru黒髪スカルププロ」です。洗いながら白髪のケアと抜け毛予防が同時にできる、女性にとってはうれしいシャンプー。リンスなどは不要で、美容室での白髪染めよりずっと経済的です。

 

シャンプーだけで白髪ケアができるワケとは?

髪に色をつけているのはメラニンです。年齢が上がってきたりストレスなどが原因で、このメラニンを体の中で作り出すのが難しくなることがあります。haru黒髪スカルププロは、メラニンを作り出すチロシナーゼという酵素の働きを活発にする「ヘチマン」という成分を配合しています。

 

さらに、ミネラルや海塩がたっぷり配合されていて、体への吸収が早い「ペプチド」の効果で素早く浸透し、白髪が生えてきにくい環境作りを助けます。このため、洗うたびに毛根や頭皮に成分が行き届き、徐々に黒髪を作り出すことができるのです。

 

※haru黒髪スカルププロは白髪染めではないので、今ある白髪を一度に黒くすることはできません。徐々に黒髪が生えてくるというイメージで毎日のケアにご使用ください。

 

白髪ケアだけじゃない、頭皮と髪にやさしいノンシリコン

頭皮にやさしいシャンプーといえばノンシリコンタイプが人気になっています。haru黒髪スカルププロはこの、ノンシリコンのシャンプーで、そうは思えないほど泡立ちがよく好評です。

 

100%の天然由来成分で作られ、髪や頭皮にはとってもやさしいのに、頭皮の汚れをしっかり落としてくれます。汚れを取り頭皮に潤いを与えてやわらかくし、その上で発毛や育毛を助ける成分を浸透しやすくさせています。
頭皮を健やかに保つことで、抜け毛を減らし、太くてハリのある健康的な髪を育てる働きをしてくれます。

 

初めてのお申込みの方限定で「30日間の全額返金保証」がつきます!

今なら送料無料キャンペーン中です。お得な価格で購入されたい方は、らくらく定期便でのご注文でひとつが2880円+消費税、とお安くなります。容量は400mlで約2か月とたっぷりの使用ができますよ。

女性の薄毛対策シャンプーの効果と種類とは?

シャンプーはさまざまありますが、どのようなシャンプーを選ぶかは、女性の薄毛を改善できるか、悪化させてしまうかの分かれ道となるものです。また、どのようなシャンプーを使っても、髪、頭皮の洗い方によっては頭皮環境を悪化させてしまうこともあります。

 

女性の薄毛対策のために、まず重要なことは、頭皮環境を整え、髪が成長する土台を整えることです。頭皮を清潔に保ち、雑菌が繁殖しにくい頭皮環境にすること、髪にしっかり栄養を行き届かせるように血行を良くすることなどが大切となります。

 

また、洗いすぎてしまうことにも注意です。頭皮の皮脂を落としすぎてしまい、乾燥させてしまうのもよくありません。

 

女性の薄毛対策シャンプーの効果ピックアップ

女性の薄毛対策シャンプーの効果は大きく分けて2つほどあります。@頭皮と髪を清潔にするA頭皮環境を整える、ことです。

 

頭皮と髪を清潔にする

頭皮と髪の毛には皮脂やホコリなどの汚れがどんどんたまっていきます。これらの汚れをしっかり洗い流さないと、髪の成長によくない影響を与えてしまうだけでなく、酸化した皮脂が不快な臭いを発してしまうこともあります。

 

しかし汚れを落とすためにと、洗浄力の高すぎるシャンプーを使ってしまうのもよくありません。シャンプーを選ぶ際は洗浄力が強すぎず、頭皮環境にやさしいものを選びましょう。

 

頭皮環境を整える

シャンプーの役割はただ汚れを洗い流すだけではありません。頭皮を保湿したり、傷んだ髪の毛を修復したりする成分が含まれているシャンプーを使用すれば、髪の成長を促せるだけでなく、髪をしっとりと美しくしてくれます。

 

女性の薄毛対策シャンプーの種類とはピックアップ

高級アルコール系シャンプー

市販されているシャンプーに多いのが高級アルコール系シャンプーです。高級な成分が使用されているわけではなく、高級アルコールという種類のアルコールが使用されていることからこのように呼ばれます。安価ですが洗浄力が強く、頭皮への刺激が強いため、薄毛対策には向きません。

 

石鹸シャンプー

石鹸はシャンプーは洗浄力が弱いのが特徴です。頭皮への刺激は高級アルコール系シャンプーよりも弱いです。ただし、洗浄力の弱さゆえに古い皮脂が落としきれなかったり、石鹸カスが頭皮に残ってしまうことがあるので注意が必要です。

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が強くありませんので頭皮優しいシャンプーであるとえいます。その分高級アミノ酸系シャンプーと比較すると丁寧にする必要があります。頭皮への負担が少なく、肌の保湿力を高め頭皮環境を整えることから、薄毛対策に向いています。

女性の薄毛は対策シャンプーで治るのか?

女性用の薄毛シャンプーが市場で多く売られるようになっています。それだけ需要が増しているのでしょう。つまり、薄毛に悩む女性が増えていることを意味しています。その背景には無理なダイエットや外食に頼った食生活の乱れやストレスの蓄積など現代社会ならではの原因が指摘されています。

 

女性の薄毛は男性と異なり遺伝的・体質的な要素が少なく、原因となる生活環境の乱れや頭皮の健康状態の問題を解消すれば改善できると言われています。それだけに頭皮ケアの基本となるシャンプーが重要な鍵を握ることになります。

 

選び方のポイントとしてはまず刺激の少ないものを選ぶこと。清潔意識が強すぎ、ついつい洗浄力の強い製品を選んでしまいがち。その結果頭皮を傷めてしまったり、アレルギー症状を起こしたり、さらには頭皮を乾燥させてしまうといった問題をもたらします。頭皮ケアにはアミノ酸系シャンプーなど刺激の少ないものを選ぶよう心がけましょう。防腐剤や香料といった添加物の有無もチェックしておきたいところ。

 

それから保湿力。薄毛に悩む女性の多くは乾燥の問題も抱えています。頭皮の血行をよくし、発毛しやすい環境を作るためにも乾燥を防ぐ対策が求められます。とくに30歳を過ぎるとコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分が減少していくため、外から補う必要が出てくるのです。これは頭皮の老化を防ぐ意味でも重要な意味を持ってきますから保湿成分を配合したシャンプーを選んでみましょう。

 

女性の薄毛の対策では生活習慣の改善も重要なポイントとなりますが、まずは頭皮を傷めず、優しくケアできるシャンプーを選ぶところから対策の第一歩を踏み出してみましょう。

押さえておきたい女性の薄毛対策

シャンプーの見直し

女性の薄毛は生活習慣がおもな原因と言われています。この点が遺伝的・体質的な要因が大きいと言われる男性の薄毛との大きな違いです。そんな薄毛をもたらす生活習慣の中でもとくに大きな原因と言われているのがシャンプー。清潔な頭髪環境を整えるために行っていることが育毛には悪影響を及ぼしてしまっていることが多いのです。

 

この薄毛とシャンプーの関係では現代社会ならではの2つの問題点があります。ひとつは過剰な清潔意識。現代人は汚れや臭いを極端に嫌います。そのため入浴や洗顔の際には汚れをすべて落とそうと過剰なくらい一生懸命洗ってしまうのです。また洗浄力の強いシャンプーを選ぶ傾向も見られます。洗浄力と刺激の強さは比例しています。また過剰に洗いすぎたり、強く擦りながら洗うと肌に余計なダメージを与えてしまう恐れがあります。とくに多いのが頭皮の乾燥。皮脂は本来肌の表面で皮膜を作って水分保持とバリア機能を維持する働きを持っています。しかし過剰な清潔意識から「皮脂=汚れ」と思い込んで必要な分まで除去してしまうのです。乾燥は頭皮の血行不良と栄養不足をもたらすことで薄毛の大きな原因となります。

 

もうひとつの問題点はコスト面。市場には低コストで大量生産できるシャンプーが大量に出回っています。安価で購入できるこれらのシャンプーは高い洗浄力を備えている一方、刺激も強いのが特徴です。とくに高級アルコール系シャンプーは安価で購入できる上に洗い上がりがサッパリするので広く使用されていますが、実際には頭皮にダメージと乾燥をもたらす原因となってしまうことが多いのです。

 

こうした事情から薄毛対策ではシャンプーの見直しが重要です。いくら効果な育毛剤を使用しても合わないシャンプーと誤った洗髪方法のために頭皮に十分に浸透せずに効果が得られないこともあります。まず自分の肌質に合ったシャンプーを選ぶことから対策方法を検討していきましょう。さまざまなメーカーから女性用の育毛シャンプーが発売されていますから、詳しい内容や配合成分をチェックしてみましょう。

 

洗髪の見直し

女性の薄毛対策は日ごろの適切なケアが第一です。男性と違い、体質的・遺伝的な原因よりも生活習慣や誤ったヘアケアによる頭皮環境の悪化が薄毛の原因であることが多いからです。そんな日ごろのケアの基本となるのが洗髪。じつは誤った洗髪方法の影響で知らず知らずのうちに薄毛の原因を作ってしまっていることも多いのです。

 

では正しい洗髪の方法について見ていきましょう。まず入浴の際にはゆっくりと湯船につかること。体を温め、血行を良くし、毛穴を開かせるためです。シャワーだけで済ませている人は改めましょう。十分に体が温まったら次はプレシャンプー。シャンプーを使用する前にぬるま湯で一通り毛髪を洗います。大事なのは毛髪を「濡らす」のではなく、きちんと「洗う」こと。シャンプーの泡立ちをよくする効果はもちろん、この段階で汚れの70パーセントは落ちるといわれています。あらかじめ汚れを落としておければシャンプーの手間が省け、洗浄成分による頭皮への刺激も最小限に抑えることができます。

 

ここまで来たらいよいよシャンプーを使用しての洗髪となるわけですが、その前に必要に応じてマッサージを行いましょう。ホホバオイルや馬油を使用したマッサージがオススメです。これによって血行が滞ってしまった頭皮を健康な状態にし、毛穴の奥に詰まった汚れをかきだすことができます。これもシャンプーによる刺激を最小限にとどめつつ最大限の効果をもらたす重要な対策です。マッサージが必要かどうかは頭皮の状態で判断しましょう。もし表面が赤くなっていたら血行が悪化している証拠ですから、シャンプー前の下準備として取り入れましょう。

 

シャンプーの際には直接頭皮に塗布するのではなく、まず手のひらに出してよく泡立てましょう。直接塗布すると頭皮を傷めてしまうほか、泡立てている間に頭皮にダメージをもたらしてしまう恐れがあります。頭皮の汚れは泡の吸着力で落とすのがポイントだけに必ず踏まえておきましょう。もちろん、洗う際にゴシゴシと頭皮を強く擦るのは厳禁です。

 

そして最後のすすぎ。洗浄成分が頭皮や毛穴に残ったりしないよう、十分に時間をかけて洗い落としましょう。この一連の手順を日々の洗髪に取り入れれば薄毛対策に役立てていけるはずです。

 

ホルモンバランスを整える

女性の薄毛対策ではホルモンバランスの調節が重要です。妊娠・出産後に急激に脱け毛が増えるケースがよく見られますが、これはホルモンバランスの乱れが極端な形で現われたケースです。日常生活でここまで極端なケースはありませんが、ホルモンバランスが乱れることでヘアサイクルにも乱れが生じ、抜け毛が増えて薄毛が進行してしまう場合があります。とくに月経周期が乱れがちな人は注意が必要です。

 

ではホルモンバランスを整える方法にはどのようなものがあるのでしょうか。年齢や健康状態によっても異なりますが、基本は規則正しい生活。とくに睡眠環境が非常に大事です。夜更かしをしたり、就寝時間と起床時間が不規則な生活を送っていると体内時計をはじめとした体のメカニズムが不規則になり、ホルモンバランスを乱す原因となります。まずは規則正しい睡眠と生活環境を心がけましょう。オススメは起床時に朝日を浴びること。これによって体内時計をリセットし、ホルモンバランスを調節を促すことができます。

 

それからストレス解消。これは睡眠障害とも関わってくるだけに重要なポイント。ストレスの蓄積がホルモンバランスだけでなく自律神経のバランスをも乱し、脳の覚醒状態が続くことで不眠症になったり、血行不良によるヘアサイクルの乱れの原因となります。現代社会ではストレスを感じずに過ごすのは難しいですから、自分なりにストレスを溜め込まずに解消できる方法を見つけましょう。就寝前に好きな音楽を聴いたり、アロマテラピーを活用するなどリラックスできる時間をつくること、あるいは好きな趣味を楽しむといった対策を日々の生活に取り入れるのがオススメです。

 

ストレス解消ともかかわってくるのが運動。運動不足はストレス解消だけでなく血行不良の改善、ホルモンの分泌を調節する効果もあります。とくに女性は運動不足に陥りがちなので重要なポイント。体を動かす習慣がない人は薄毛対策の一環として軽い運動を取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

女性の薄毛の原因とは?

加齢による薄毛

男性の場合、若い年齢から薄毛が進行するケースも見られますが、女性の場合は早くても30代、多くは40代に入る頃から進行することが多いようです。それには加齢が大きな要因として関わっているといいます。

 

女性の場合、純粋な加齢による体の老化や変化が薄毛の原因となることが多いのです。まず血行不良。男性に比べて血行不良に陥りやすいといわれますが、頭皮の血行が滞ることで毛根まで栄養がしっかりと行き渡らなくなり、細くて寿命が短い毛しか生えてこなくなってしまいます。そうなるとすぐに抜けてしまうため抜け毛が多くなり、新しい毛が十分に生えてくる前に抜けてしまうため薄毛が目立つようになるのです。

 

それから頭皮の乾燥。これも女性の体の老化がもたらす大きな要素。30代を過ぎる頃から肌の乾燥を実感しはじめる人も多いでしょう。保湿成分であるコラーゲンやセラミドが加齢とともに減少していくのがおもな原因です。乾燥が肌のバリア機能の低下や血行不良をもたらし、結果的に薄毛の原因となるケースが多いのです。

 

こうした原因は加齢による老化という避けられないものです。しかし日々のケアによって老化を遅らせることは可能です。老化が極端に進むと薄毛・抜け毛となって表れることも多いため、老化の進行を少しでも遅らせることが大事になります。具体的な対策としてはビタミンCをはじめとした抗酸化作用を持つ成分を摂取すること、紫外線対策をしっかり行うこと、若々しい体を維持するための健康的な生活を心がけることなどが挙げられます。

 

食生活が原因の薄毛

女性の薄毛は食生活とも密接に関わっています。近年になって薄毛に悩まされる女性が増えていると言われるのも食生活の乱れが原因として考えられます。社会進出が進み、働くケースが増えたことで外食やジャンクフードに便りがちな生活が増えているのです。

 

食事は楽しみであると同時に健康の土台を支える栄養補給の機会でもあります。現代社会では前者にばかり比重が傾き、後者への意識が薄くなってしまっています。その結果ビタミンやミネラルといった健康維持に欠かせない成分が不足しさまざまな問題を抱えやすくなっているのです。

 

とくに女性によく見られる原因がタンパク質の不足。タンパク質は毛髪の原料になるもの。しかしどうしても肉がメインになるため「太る」印象が強く、ダイエットの際にも真っ先に減らしてしまう対象となります。その結果原料不足に陥って細くて弱い毛髪しか生えてこなくなってしまう原因となります。魚を意識して食べるなど、工夫しながらタンパク質を摂取する環境を心がけましょう。

 

それからミネラル。これも現代人に不足している成分です。よく海藻類が薄毛によいといわれますが、それもミネラルが多く含まれているから。わかめやひじき、昆布といった海藻類を意識して摂取する食生活を心がけましょう。

 

サプリメントで栄養補給を心がけている人も多いようですが、やはり食生活の充実は心身の健康の基本。食べる楽しみと栄養補給を両立できる食生活を心がけるのが女性の薄毛対策の第一歩となります。

 

出産・産後のホルモンバランスの変化による薄毛

女性の薄毛の原因として忘れてはならないのが産後の抜け毛の増加。出産経験がある人なら経験したことがあるのではないでしょうか。程度こそ異なるもの、産後に必ずと言っていいほど抜け毛が増加します。

 

出産した後という特別な状況、そしてほとんど人に見られるという傾向からして体のメカニズムの変化が原因として考えられます。実際にその通りで、最大の原因はホルモンバランスの変化、プロゲステロンとエストロゲンという2種類の女性ホルモンがバランスを保つ形で健康状態が維持されていますが、妊娠中はプロゲステロンが優位な状況になります。しかし産後になると急激にその状態が崩れ、エストロゲンの量が大幅に増えるのです。このエストロゲンはもともと発毛を促す作用を持ったホルモンなのですが、急激に分泌量が増加することでヘアサイクルが乱れてしまい、妊娠中に抜けずに残っていた毛髪を一気に抜いてしまう結果をもらたすとされています。

 

このように、産後の女性の薄毛はある程度仕方がない面もあります。ただ、この状態が生活環境によって悪化してしまうケースも見られます。通常は抜け毛が増えても薄毛が目立つ状態にまでいたらないのですが、症状が極端、あるいは長引くことで頭皮が見えてしまうくらい薄くなってしまうことがあるのです。悪化させてしまう原因としてはストレスや骨盤の歪みによる体の負担などホルモンバランスを崩す環境が挙げられます。子育てをはじめると不安などで心身の健康が乱れがちなので注意が必要です。

 

産後の薄毛に関してはそれほど心配する必要はありませんが、なかなか収まらない場合には産科に相談してみるとよいでしょう。

女性の頭皮ケアの基礎知識

男性の薄毛と女性の薄毛の違いとは?

薄毛に悩む女性が増えていると言われています。あるデータによると女性の10人に1人は何らかの形で薄毛の悩みを抱えているそうです。かつて薄毛といえば男性特有の悩みとされていましたが、男女共有の悩みとなりつつあります。

 

ただ、男性の薄毛と女性の薄毛では事情が大きく異なっており、対策方法にも違いが見られます。結論から言ってしまえば女性の薄毛の方が対策がとりやすく、効果も得やすい傾向が見られます。この違いはどこにあるのでしょうか。

 

男性の薄毛はよく遺伝的な要素が大きいと言われてきました。現在では男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストテロンに変化し、それが発毛を抑制することが明らかになっています。この男性ホルモンの分泌量や酵素の活動には個人差があり、それは遺伝的な体質が大きく左右されると言われています。

 

一方、女性の薄毛はその原因の大半が日常生活にあります。たとえば過剰なヘアケア。刺激の強すぎるシャンプーや頭皮クレンジング、あるいは強く擦って洗うなど、本人はよかれと思ってやっていることが頭皮を傷めてしまっていることが多いのです。また無理なダイエットによる栄養不足、ストレスの蓄積なども要注意。頭皮の血行が悪化し、毛根に発毛・育毛に必要な栄養が行き渡らなくなることでヘアサイクルが乱れてしまいます。

 

こうした男性の薄毛と女性の薄毛の違いを確認してみるとやはり女性の方が対策を立てやすいことがわかります。だからこそ、女性は日ごろの予防と対策が重要になってくるのです。

 

女性の薄毛の種類とは?

女性の薄毛は男性のそれとは原因も対策方法も異なっていると言われています。遺伝的・体質的な要素が大きいとされる男性よりも改善しやすいとも。ただ改善のためには適切な方法が求められますし、そのためには自分の薄毛がどのタイプなのかを把握しておく必要があります。

 

女性の薄毛の大半はびまん性脱毛症だと言われています。この脱毛症の特徴は頭皮全体がまんべんなく薄くなっていく点にあります。男性のように頭頂部や前頭部など特定の部分に集中して薄毛が進行していくのではないのです。ただ、このびまん性脱毛症も原因によっていくつかのタイプに分類できます。

 

まず男性ホルモンが原因で生じるタイプ。女性にも男性ホルモンが分泌されています。男性の薄毛の多くはこの男性ホルモンが発毛を阻害する物質へと変化することで生じると言われます。女性も同じメカニズムで生じることがあるのです。考えられるパターンとしては女性ホルモンの量が減る、あるいはストレスなどによって男性ホルモンが増加すると言ったケースが考えられます。ただ男性とは異なり、症状が極端に表れることはなく、頭皮全体が少しずつ抜けていく形となります。

 

それからヘアサイクルの乱れ。休止期の毛髪が多くなり、それが寿命を終えて抜けていくことで全体の量が減ってしまうのです。これは生活習慣の乱れや無理なダイエットによる栄養不足が大きな要因と言われています。

 

このように、女性の薄毛はひとりひとりの健康状態によって種類が異なり、それぞれ対策方法も違ってきます。悩んでいる人はまず自分の薄毛がどんな原因で生じているのかを確認するところからはじめてみましょう。

 

女性向け薄毛対策シャンプーの成分とは?

女性用薄毛シャンプーにはどのような成分が使用されているのでしょうか。女性用と銘打っている以上、男性用とは違ったものが使用されており、違った効果が期待できるはずです。

 

まず違っているものから見ていきましょう。まず保湿成分。女性の薄毛の大きな原因となるのが頭皮の乾燥。過剰なヘアケア、栄養不足、ストレスなどよって頭皮が乾いてしまい、抵抗力が弱くなったり、頭皮の血行を悪化させてしまうのです。そのため保湿力に優れた成分を補うことで潤いを取り戻すことを大きな目的としています。代表的な成分としてはセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが挙げられます。また、適度な脂分をもたらすためにホホバオイルなどのオイルを配合している製品もあります。

 

それから血行を改善する効果を持つ種類。乾燥とも関わってきますが、頭皮の血流が悪化することで毛根に栄養が行き渡らなくなり、毛髪が作られにくくなってしまいます。女性の場合はこれが直接的な原因となることが多いのです。シャンプーによく使用されるものとしてはセンブリエキス、ジオウエキス、ニンジンエキスなどが挙げられます。

 

それ以外では男女ともに共通した部分。育毛剤にも使用される育毛成分も大半の製品で含まれています。グリチルリチン酸が代表格としておなじみです。

 

このように、女性用の薄毛シャンプーに使用されている成分には男性用にはないいくつかの特徴が見られます。どれがどんな効果を持ち、自分に必要なものなのかどうかを確認しておくことも必要でしょう。

 

女性の頭皮ケアの方法とは?

女性の頭皮ケアの仕方はシャンプーと日常生活の二本立てで行っていく必要があります。女性の薄毛・抜け毛は男性とは異なり、日常生活が原因で発症することが多いため、シャンプーによる対策だけでは十分ではないのです。

 

まずシャンプー。ポイントは保湿。洗いすぎによる頭皮の乾燥が多いため、保湿成分を補うことで頭皮の潤いを取り戻すのです。シャンプー選びの際にはどのような保湿成分が含まれているのかを確認しておくようにしましょう。

 

それからマッサージ。シャンプーとセットで行うのがポイント。とくにシャンプー前に行うと毛穴の奥の汚れをかきだしやすくなるので役立ちます。仕方は簡単で指の腹で揉むように優しく刺激していくだけ。ホホバオイルなどオイルを使用するとより高い効果が期待できるでしょう。ストレス解消にも役立つので日々の生活の中でうまく取り入れてみるとよいのではないでしょうか。

 

それから日常生活。頭皮ケアは頭皮に直接行うものだけではありません。たとえばマッサージのところでも挙げたストレス解消。ストレスが蓄積すると血管が収縮してしまい、血流が滞ってしまいます。その結果毛根に栄養が行き渡らなくなり、発毛・育毛が阻害されてしまうのです。また睡眠不足や偏った食生活も同様に発毛・育毛の阻害する要素となります。規則正しく、健康的な生活も頭皮ケアの一環として踏まえ、それぞれの対策に必要な仕方を実践していくようにしましょう。

 

女性の頭皮ケアの仕方はこのように幅広い分野で行っていく必要があるのです。シャンプー選びだけでなく、広い視野に立って意識することが重要となるでしょう。

 

頭皮に優しい洗髪の仕方とは?

女性の薄毛を改善するためにはまず頭皮をいたわることが大事です。本人はよかれと思って行っているヘアケアがじつは頭皮に大きなダメージをもたらしてしまっているケースも多いのです。

 

では頭皮に優しい洗髪の仕方にはどういったポイントがあるのでしょうか。すでにダメージが生じてしまっている場合、薄毛が進行してしまっている場合はその修復も含めた仕方が求められます。

 

まず頭皮の乾燥を改善すること。そのためには保湿と適度な脂分が求められます。保湿成分が含まれたシャンプーを選ぶ、ホホバオイルなどオイルを洗髪時にシャンプーに混ぜたり、マッサージをするといった対策が有効です。マッサージなら頭皮の血行を改善できるので一石二鳥です。

 

もっと根本的なところでは洗う際に強く擦りすぎないこと。当たり前に思えますが、実際に洗おうとするとどうしても汚れを落とさなければと意識しすぎてしまうあまりゴシゴシと強く擦ってしまうことが多いのです。これを防ぐためのポイントはシャンプーをよく泡立てること。たっぷりと泡立てた状態で洗えばそれほど強く擦ろうと意識せずに汚れを落としている実感を味わうことができます。なお、この擦ってはいけない点は洗った後にタオルで拭く際にも重要になります。

 

これらはごく基本的な仕方。ただ毎日行うものだけに、正しい仕方を踏まえているかどうかで頭皮への影響に大きな差が出てきます。まずは自分の洗髪環境を見直してみるとよいのではないでしょうか。

薄毛を治すための正しいシャンプーの方法

シャンプーの回数は皮脂やほこりがたまっている夜に一回ほど行うのがおすすめです。頭皮を清潔にしたい、という気持ちは大切ですが、1日に何度もシャンプーを行ってしまうのは、頭皮を乾燥させてしまうのでよくありません。
髪のしっかり成長させるためには頭皮が適度の保湿されていることが有名です。また、シャンプーすることがマッサージのような効果をあたえ、頭皮の血行をよくし、髪に栄養を届けやすくなります。

 

正しいシャンプーでの髪の洗い方

市販品のシャンプーに多い高級アルコール系シャンプーは洗浄力が強く、頭皮への刺激が強く、頭皮環境を荒らしやすいため、薄毛対策には向きません。

 

薄毛対策に向いているシャンプーは、頭皮への刺激が少なく、また栄養を浸透させる成分が含まれているアミノ酸系シャンプー。アミノ酸系シャンプーで髪を洗う際の正しい手順をお伝えします。

 

洗髪の前にブラッシングを

洗髪の前にブラッシングして大まかなほこりを落とます。

 

マッサージするように頭皮を洗う

しっかり泡立ててあとは頭皮をマッサージするようにやさしく、かつ包み込むように洗います。頭皮の汚れを落としながら血行を促進させていきましょう。

すすぎをしっかり行う

洗い残しがないようにしっかり洗います。洗い落とす際は、熱すぎるお湯をつかわないように注意しましょう。熱すぎるお湯でシャンプーを洗い落とすと頭皮の必要なぶんの皮脂まで落としてしまい、乾燥を助長させてしまう恐れがあります。

 

 

正しい髪の乾かし方

タオルでやさしく水気を拭き取る

シャンプー後の髪のキューティクルは開いた状態になっていまので、タオルで強くこすると傷んでしまいます。タオルでやさしく水気を拭き取るようにしましょう。

 

できればトリートメントで髪を保護する

タオルで水気を拭き取った後は、できれば洗い流さないトリートメントで髪のキューティクルを保護してあげましょう。アミノ酸系シャンプーのなかには髪のきしみがでてしまうものもありますが、洗髪後に洗い流さないトリートメントを使えばしっとりとした仕上がりになります。

 

ドライヤーで乾かす

ドライヤーをあてすぎると熱で髪が傷んでしまうため、できるだけ短い時間ですまし、また、できるだけ離してつかうようにしましょう。乾かす際のポイントは、下の方から上へと乾かしていくことです。根本から乾き、ドライヤーの時間が短くなります。

女性の薄毛対策のための注意点

薄毛対策@ 頭皮を締め付けない

頭皮が引っ張られると、血行が悪くなることがあります。ポニーテールやお団子などのまとめ髪にすることが多い方は控えめにしましょう。

 

薄毛対策A ストレスをためない

強いストレスを長い期間受け続けると、血行が悪くなり髪の成長を妨げます。仕事や家事、人間関係などでストレスがたまっている方は意識的にリラックスする時間を作るようにしましょう。

 

薄毛対策B 油っぽいものを食べ過ぎない

油っぽい食べ物を摂りすぎると、頭皮の皮脂の量が増えていき毛穴詰まりを引き起こします。過剰な皮脂分泌は髪の成長にも悪影響を与えるので注意しましょう。

 

薄毛対策C 睡眠をしっかりとる

髪がとくに成長するのは夜寝ているときです。そのため十分な睡眠は欠かせません。特に髪が成長するといわれているのは就寝から3時間のあいだです。寝る前はできるだけ部屋を暗くする、パソコンなどにさわらない、などに気をつけ、質の高い睡眠をとるようにしましょう。

 

薄毛対策D 過度な飲酒は控える

適度な飲酒なら問題ありませんが、多量のアルコールは薄毛を促進します。アルコールを多く摂りすぎると、眠りが浅くなる、血流が悪くなる、肝臓が酷使され頭皮に十分な栄養を行き届かなくなる、などが起こります。

 

薄毛対策E 喫煙は控える

喫煙するとタバコに含まれるニコチンにより血行が悪くなります。タバコを吸っている方は禁煙、または減煙を心がけましょう。

 

薄毛対策F ヘアカラー・パーマのしすぎには注意

カラーやパーマのかけすぎは頭皮環境を悪化させる要因になりますので懸け過ぎには注意しましょう。

 

薄毛対策G 食生活のバランスを見直す

栄養バランスのよい食事を摂ることはもちろんですが、なかでも積極的に摂りたいのは、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような作用をもつ大豆イソフラボンが含まれる食品です。豆腐、きなこ、大豆、納豆、みそ、豆乳などを積極的にとっていきましょう。

 

 

 

女性の薄毛対策シャンプーのQ&A

アミノ酸系シャンプーとは?

薄毛対策において注目を集めているのがアミノ酸系シャンプーです。従来のシャンプーに比べて低刺激で頭皮を傷めることなく洗っていける点が評価されています。ではこのシャンプーとはどんなものなのでしょうか。

 

シャンプー市場で主流となっているのは高級アルコール系シャンプーと呼ばれるタイプです。このタイプの製品は大量生産が可能なためコスト面に優れており、安価で購入できるのが魅力です。また泡立ちがよく、洗浄力に優れているので広く普及していました。しかしその一方で洗浄力が強すぎて肌への刺激が強いこと、頭皮の水分とバリア機能を保持するために必要な皮脂までも除去してしまうという大きな難点を抱えていました。とくに現代人は清潔意識が過剰なため、このシャンプーを使用すると洗いすぎてかえって薄毛の原因になってしまうことが多いのです。

 

それに対してアミノ酸系シャンプーは肌への刺激が少ないのが最大の特徴です。ともともアミノ酸とはたんぱく質の原料で、筋肉や皮膚、内臓、血管、そして毛髪まで体のさまざまな部分の原材料となります。そのため刺激も弱く、頭皮にダメージを与えることなく洗っていくことができるのです。なお、現在アミノ酸系シャンプーに使用されている洗浄成分にはグリシン、グルタミン酸、メチルアラニン、サルコシンなどが挙げられます。

 

低刺激な点だけがアミノ酸系シャンプーの魅力ではありません。適度な洗浄力も重要なポイントです。高級アルコール系シャンプーに比べれば洗浄力が落ちるのですが、その分頭皮の健康維持に必要な分の皮脂を残し、余分な皮脂や汚れだけを落としていくことができます。そのため洗いすぎてかえって頭皮にダメージを与えてしまったといったこともないのです。高級アルコール系シャンプーに慣れた人がアミノ酸系シャンプーを使用すると当初は物足りなさを覚えるかもしれませんが、それが頭皮環境を維持できている証でもあります。コスト的な面で高級アルコール系シャンプーに劣るため価格がやや高くなりますが、薄毛対策を本気で考えている人には最適な選択肢となるでしょう。

 

ノンシリコンシャンプーと薄毛の関係とは?

シャンプーの分野で話題になっているのがシリコン。シリコンがもたらす毛髪へのダメージ、あるいはノンシリコンシャンプーのメリットがしきりに宣伝されていた時期もありました。しかしその後シリコンを擁護する意見も登場しており、まだ決着がついていない状況です。ではノンシリコンシャンプーにはどのような特徴があるのでしょうか、またノンシリコンシャンプーと育毛の関係はどのような点にあるのでしょうか。

 

シリコンとは毛髪をコーティングするための物質です。撥水性が備わっており、コーティングされた毛髪は水や汗をはじくようになり、サラサラで指通りがよい状態になります。洗い上がりの感触が非常に良くなるため多くのシャンプーで使用されてきたのです。とくにダメージを受けている毛髪をコーティングすることによって状態を改善する効果が期待できるほか、枝毛や切れ毛を予防する効果あります。

 

こうして見るとシリコンはよいもののように思えますが、その弊害が指摘されるようになっているのです。まず一度コーティングされたシリコンはなかなか落ちないため、ヘアカラーなどが定着しにくいこと、また健康な毛髪よりも痛んだ毛髪の方に付着しやすい傾向があり、傷んだ部分からシリコーンが毛髪の内部に入り込んでしまう恐れがあることなど。さらに育毛との関係ではシリコーンが頭皮に付着して刺激を与えたり、毛穴を塞いでしまうといった点が懸念されています。なかなか落ちにくいため、一度毛穴を塞いでしまうと発毛・育毛を阻害してしまうというのです。

 

ノンシリコンシャンプーはそうしたシリコンがもたらす悪影響を防ぎ、より自然で健康的な頭皮・毛髪環境が得られるといわれています。ただし、ノンシリコンシャンプーと育毛の関係はまだはっきりと解明されておらず、ノンシリコンシャンプーがシリコン入りのシャンプーに比べて育毛に良いかどうかも正確となころはわかっていない段階です。ただし、頭皮ニキビに悩まされていた人がノンシリコンシャンプーに切り替えたら改善したという話もあり、頭皮の健康状態の悪化が薄毛の原因になっている人はノンシリコンシャンプーの方が適しているといえるのかもしれません。

 

閉経後は薄毛になりやすい?

閉経前後は薄毛になりやすいといわれます。この時期に生じる更年期障害の症状にも薄毛がよく挙げられます。実際、閉経が近づく50歳前後は脱け毛が増える時期でもあります。どうして閉経が薄家の原因となるのでしょうか?

 

閉経とは卵巣機能が停止することです。20代後半にピークを迎えた卵巣機能はその後少しずつ衰えていき、だいたい50歳前後でその役割を終えるのです。この卵巣は女性ホルモンのエストロゲンを分泌と深く関わっており、機能の低下によってこのホルモンの分泌量が大幅に減ってしまうのです。更年期障害のさまざまな症状もおもにこのエストロゲンの減少によって生じます。そしてこのエストロゲンは発毛・育毛とも深く関わっているのです。

 

エストロゲンは発毛を促し、毛髪の成長期を維持させる働きがあります。出産後に急激に脱け毛が増加するケースがよく見られますが、これもそれまでエストロゲンの分泌が活発で成長期が持続していた毛髪がホルモンバランスの変化によって一気に休止期に入ってしまうことで生じるのです。更年期になるとエストロゲンの分泌が減少することで毛髪の成長期が短くなり、抜けやすくなるのです。

 

ヘアサイクルの成長期が短くなると毛髪が十分な成長しないまま抜けてしまうようになります。その結果発毛に足して脱け毛のペースの方が早くなり、頭皮全体に薄毛が進行していくのです。また、十分に成長しない分、細くてコシのない毛髪ばかりになることでますます頭皮全体が薄く見えるようになります。これは女性の典型的な脱毛症と言われるびまん性脱毛症といいます。

 

このように、閉経前後は薄毛になりやすいのは卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少が原因です。そのため改善が難しいのですが、イソフラボンなどエストロゲンと似た働きを持つ成分を摂取してホルモンバランスの維持を試みるなどの対策で脱け毛のペースを緩和することもできます。閉経前後になったらエストロゲン対策も考慮に入れながら薄毛予防を行っていきましょう。

 

育毛サプリメントは効果ある?

体の内面から薄毛対策を行っていくための育毛サプリメントも数多く登場しています。では育毛サプリメントってどんなものなのでしょうか?

 

配合されている成分や目的としている効果、さらにはターゲットによってさまざまな種類や内容の製品があります。男性向けの製品ではAGAに効果があるとされるノコギリヤシなど特定の目的に使用される製品が見られるのに対し、女性向けの製品では頭皮の健康状態の改善からホルモンバランスの調節効果まで薄毛全般に効果がある製品が見られるのが特徴です。ですから、どんなタイプの脱毛症に対して効果があるか、ではなく、自分が抱えている問題に効果があるかを考慮して選んでいく必要があるのです。

 

まず頭皮に栄養を補給するタイプ。毛髪の原料となるアミノ酸やたんぱく質、さらにたんぱく質を毛髪の原材料へと変換させる亜鉛などが代表的な成分として挙げられます。とくに女性は無理なダイエットなどでたんぱく質とアミノ酸が不足がちになりやすいのでこれらの成分が役立ちます。

 

それから血行を促す成分。頭皮の血行を改善し、毛根の毛母細胞に栄養と酸素をしっかりと届けることで発毛を促す効果が期待できます。唐辛子に含まれているカプサイシンや納豆に含まれるナットウキナーゼなどが代表的なものとして挙げられます。

 

女性の場合はホルモンバランスの調節も重要な薄毛対策のポイント。とくに更年期になるとエストロゲンの急激な減少によって薄毛が進行しやすくなります。そんなホルモンバランスの調節のためにイソフラボンやザクロが配合された育毛サプリメントも発売されています。

 

こうした成分は単独で配合されているのではなく、いろいろな組み合わせによって複合的な効果が得られたり、相乗効果が期待できます。そのため育毛サプリメントをチェックする際にはどんな成分が配合され、自分にとってどれだけ役立つのかをよく検討していくことが大事です。そのためには自分が抱えている薄毛の原因をよく把握しておくことも求められます。

 

女性の薄毛に育毛剤は必要なのでしょうか?

「女性の薄毛に育毛剤は必要?不要?」という疑問は多くの人が一度は抱いたことがあるのではないでしょうか?実際のところ、「必ず効く」育毛剤はまだ開発されていません。それにどの育毛剤にも効果には個人差があります。効く人は効く、効かない人は効かないわけです。となると本当に必要なのかどうか疑問に思うのも当然でしょう。少なからぬお金をかけて使用するわけですから。

 

ただ、一般的な傾向として女性の薄毛には育毛剤が効果を発揮してくれます。男性に比べて効果を発揮しやすい、といった方が適切でしょうか。男性の場合は遺伝的・体質的な要因で薄毛が進行していくことが多いため、育毛剤では十分な効果が得られにくいのに対し、女性の場合は生活習慣や健康状態の乱れが引き金となって薄毛が進行していくケースが大半のため、育毛剤が役立つのです。

 

とくに効果が高いのが頭皮への栄養補給と血行促進効果。どちらも毛母細胞の活動に必要な栄養が不足することによってヘアサイクルが乱れて薄毛の原因となります。栄養不足のために細くて弱く、寿命が短い毛髪ばかりが作られてしまうことですぐに抜けてしまうわけです。そこで育毛剤で栄養補給と血行促進を行うことでヘアサイクルを正常化し、健康な毛髪へと改善させることができるわけです。

 

また、育毛剤だけでなく育毛シャンプーと組み合わせて使用するとさらに高い効果が期待できます。女性の場合、過剰なヘアケアが薄毛の原因となっていることも多いからです。洗浄力の強いシャンプーで頭皮を乾燥させてしまい、血行不良や栄養不足の問題を抱えてしまっているケースもよく見られます。ですから、育毛シャンプーでまず頭皮の健康状態を改善したうえで育毛剤を活用するわけです。その方が育毛剤が浸透しやすく、本来の効果を得やすいというメリットもあります。

 

もちろん、食生活の改善やストレス解消、不規則な生活環境を改めるといった対策も併せて行っていくのが大前提ですが、女性の薄毛対策に育毛剤はかなり有効な選択肢といってよいのではないでしょうか。

 

女性の薄毛に効果的な食品とはどのようなものでしょうか?

女性の薄毛は男性に比べて生活習慣を改めることで改善しやすいと言われています。とくに重要とされるのが食生活の改善。偏った栄養バランスや無理なダイエットによる食事制限が薄毛の原因となっているケースが多いのです。では食生活の改善ではどういった点に注意すればよいのでしょうか、女性の薄毛に効果的な食品とはどういったものなのでしょうか。

 

まず海藻類。男女問わず定番といえる食品です。ただ、実際にどの程度薄毛に効果を持つのかはまだ十分には解明されていないのが実情です。他に摂取したい食品としては納豆が挙げられます。好き嫌いがはっきり分かれる傾向がありますが、低価格で購入できるうえ、毎日の食事に無理なく取り入れられるメリットがあります。この納豆のネバネバに含まれているナットウキナーゼには頭皮の血行を促す効果があるほか、大豆イソフラボンが含まれているのでホルモンバランスの調節にも役立ちます。イソフラボンに関しては豆腐や豆乳、小豆などでも摂取が可能です。

 

血行促進効果ではみかんもオススメです。女性には直接関係ありませんが、男性のAGAの原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する働きもあることから育毛対策に注目を集めている食品です。

 

薄毛対策に役立つ栄養を補給できる食品も見ていきましょう。もっともオススメなのがレバー。この食品には毛髪を作るうえで欠かせない亜鉛のほか、頭皮の健康状態を整えるビタミンB群が豊富に含まれています。さらに抗酸化作用もあるので30代以降の薄毛対策にとくに役立つでしょう。

 

意外なところではナッツ類。アーモンドやピーナッツには亜鉛が豊富に含まれているほか、毛母細胞の働きを活性化させて発毛・育毛を促進する効果があると言われています。お菓子のイメージが強く、日常生活に活用する食材というイメージはあまりありませんが、薄毛対策の一環として摂取を心がけてみてはいかがでしょうか。今回取り上げた食材をうまく取り入れることで食生活の中で薄毛対策を行っていくことができるでしょう。