女性ホルモンサプリは危険?妊娠中、10代の方は注意!

女性らしいメリハリのあるボディに憧れる方は多いのではないでしょうか。

 

あと1カップ大きくなりたい、グラビアアイドルに負けないようなボディラインをつくりたい、という方まで、なりたいイメージ像はさまざまだと思います。

 

胸を大きくしたり、美肌にしたり、女性らしい美しさを引き出すために使用したいのは、食べる女性ホルモンと呼ばれるプエラリア・ミリフィカが配合されている女性ホルモンサプリです。

 

しかし、この女性ホルモンサプリは危険性が指摘されることもあります。

 

実際のところ女性ホルモンサプリの副作用の危険性、ホルモンバランスに及ぼす影響などはどうなのでしょうか?

 

ここでは、女性ホルモンサプリの危険性は本当のところどうなのか、という疑問についてお話します。

女性ホルモンサプリとは?

女性ホルモンには美のホルモンと呼ばれるエストロゲンと母のホルモンと呼ばれるプロゲステロンの2種類から成り立っています。

 

エストロゲンには、胸のハリをアップする、潤いを保つ、内臓脂肪を減らす、などの作用があります。

 

プロゲステロンは受精や胎児を育てるために重要な働きをします。これらふたつのホルモンが一定の周期で変動をしながら女性ホルモンは分泌されています。

 

女性ホルモンサプリは、美のホルモン・エストロゲンと同じ作用をもつ植物性エストロゲン、プエラリアが主成分のサプリです。

 

プエラリアはエストロゲンと構成がとても似ているため、エストロゲン受容体と結合し、体にエストロゲンと同様の影響を与えて女性らしい美しさをアップさせます。

 

プエラリアの効果はイギリスの権威ある医学雑誌にも掲載されるほどであり、世界的に効果が認められている女性ホルモンをサポートする成分なのです。

 

関連記事:【高品質プエラリア配合】女性ホルモンサプリおすすめランキング!

女性ホルモンサプリは妊娠中の方は危険なのでストップ!

女性ホルモンサプリは妊娠中の方の使用は危険です。姙娠中の方の使用は控えるように、とい旨の説明は各女性ホルモンサプリの公式ページにも記載されています。

 

妊娠すると赤ちゃんを育てるためエストロゲンが減少してプロゲステロンが増加をはじめ、女性ホルモンのバランスが胎児を育てるための状態に調整されます。

 

この状態でエストロゲンと同様の働きをするプエラリア配合の女性ホルモンサプリを飲み、ホルモンバランスに影響を与えるのはよくありません。

 

女性ホルモンサプリを使用中に妊娠が発覚した場合、いったんはサプリの使用を中止するようにしましょう。

女性ホルモンサプリは10代なら摂る必要ない?

女性ホルモンサプリの多くは年齢制限がされていません。10代の方でも、更年期を終えた方でも安全に飲めるように成分が調合されています。

 

そのため、10代の方でもバストアップ等を目的に使用されている方もいます。

 

しかし、大人である20代と違い10代はまだ成長期の真っ只中、女性ホルモンの分泌も不安定な時期です。

 

女性ホルモンサプリにたよらずとも自然と女性ホルモンはたっぷり分泌されている時期でもあります。

 

10代の方で胸を大きくしたい、美肌になりたい、という場合は、サプリを摂るまえにまずは生活習慣や食生活を整えていくことからはじめていくのでも十分かもしれません。

 

それでも満足できない場合は、プエラリア配合の女性ホルモンサプリを摂ってみるのもよいかもしれません。

女性ホルモンサプリは婦人科系の疾患をお持ちの方は危険なのでストップ!

女性ホルモンサプリはエストロゲンと同じような働きをするため、過剰摂取するとホルモンバランスを乱してしまい、さまざまな副作用を引き起こします。

 

婦人科系の疾患をお持ちの方の場合、女性ホルモンサプリを使用することでホルモンバランスに影響でて、症状が悪化してしまう可能性があるかもしれません。

 

エストロゲン過剰は婦人科系の疾患リスクを高めるということがわかっていますので、いま現在婦人科系の症状をお持ちの方、心配のある方は女性ホルモンサプリを控えるようにしましょう。

女性ホルモンサプリの摂取量の上限を守らないと危険!

胸を大きくしたい、肌をキレイにしたい、という思いがつよすぎてついつい女性ホルモンサプリを摂取量の上限を超える量を飲んでしまう、ということは危険ですので注意してください。

 

女性ホルモンサプリはホルモンバランスに影響を与えるものです。ビタミンやミネラルなど薬局やスーパーで市販されているサプリと同じ気持ちで飲んでしまうと、思わぬ副作用があらわれる恐れがあります。

 

女性ホルモンサプリを過剰摂取した方で、「生理が遅れた」「不正出血がおきた」「吐き気や頭痛がおきた」という方もいます。

 

こうした症状を起こさないためにも、女性ホルモンサプリは摂取量の上限をしっかり守って使用しましょう。

女性ホルモンサプリは危険?まとめ

妊娠中の方、婦人科系疾患をお持ちの方、摂取量の上限を守れない方にとっては、ホルモンバランスに悪い影響を与えてしまう恐れがあるため危険といえます。

 

ただし、女性ホルモンサプリは、一般の方が摂取量の上限を守り使用するぶんには危険性はありません。

 

女性ホルモンサプリはご自身の状態をしっかりと把握し、そのうえで使用するようにしましょう

 

関連記事:女性ホルモンのサプリの市販されてる?薬局・ドラッグストアにある?