女性ホルモンを活性化させるエクオールとは?効果、検査方法について

</p>

日本人の食生活に欠かせないものといえば納豆や豆腐などの大豆食品ではないでしょうか。

 

大豆製品の魅力は美味しさだけではありません。大豆に含まれている成分は女性ホルモン・エストロゲンと同様の作用を期待することができ、女性らしい美しさを引き出す栄養として注目されています。

 

日本人は大豆製品をよく食べるおかげで、世界各国の女性に比べて更年期障害が軽く、骨粗鬆症の発症率が低いというデータも出ています。

エクオールの効果とは?

大豆食品に含まれるエクオールには、更年期症状の緩和、骨粗鬆症発症リスクの軽減などの健康効果に、バストアップや美肌などの美容効果があります。

 

また、大豆は女性にいいというイメージがつよいですが、実は男性もイソフラボンを多くとる人ほど前立腺がんのリスクが低くなるというデータもでています。

エクオールを作れるか検査する方法とは?

エクオールは効果のあらわれやすい人とあらわれにくい人に差があります。

 

エクオールは腸内にすむさまざまなエクオール産生菌により作られます。しかし腸内環境には個人差があり、誰しもがエクオール産生菌を充分に保有しているとは限らないのです。

 

エクオールが作れる腸内環境かどうかは、病院で行う尿検査や、インターネット通販で購入できる簡易キッドなどで調べることができます。

 

自分の腸内環境がエクオールを作るのに適しているのかどうかが気になる方は、ぜひ検査してみましょう。

エクオールは日本人の2人に1人しか作れない

エクオールは大豆製品を食べた全員が作れるわけではありません。

 

実は地域により、エクオールを作れる人と作れない人の割合には差があります。

 

たとえば日本や中国などの大豆をよく食べる地域では、腸内でエクオールを作れる人は約50%もいると見なされています。

 

たいして、あまり大豆を食べる習慣のない欧米では20〜30%ほどの人しかエクオールを作れません。

 

この差は食生活が影響していると考えられています。もともと大豆食品や発酵食品が多く含まれる日本食は、エクオールを作るのに最適なのです。

 

しかし、日本人でも2人に1人しかエクオールを作ることはできないのは驚きですね。

エクオールを作れない人は増えている?

最近では10代、20代の人を中心にエクオールを作れない腸内環境の人がとくに増えているようです。なぜ若い人を中心にエクオールを作れない人が増加しているのでしょうか。

 

この理由のひとつに、「食生活の変化」の影響があると見なされています。

 

大豆食品を摂取する量は、10代、20代を中心に減少しています。また、腸内細菌のエサとなる食物繊維や発酵食品の摂取量も若い人を中心に減少しています。

 

こうしたことから、腸内細菌が整わずにエクオール産生菌が十分に作られなくなっていると考えられています。

 

腸内環境はストレスや生活リズムにも影響をうけますが、とくにつよく影響をうけるのは食生活です。ジャンクフードを3日続けてとるだけで、腸内の悪玉菌が倍増したという研究結果もあります。

 

食生活と腸内環境は密接に関係しています。エクオール産生菌の量にも影響を与えているのです。

エクオールが作られやすい腸内環境にするためには?

エクオールが作られやすい腸内環境にするためには、エクオール産生菌が増やすことが大切です。

 

あるアンケートでは、毎日大豆食品を食べる人と、食べない人でエクオールの作られやすさを比較したところ、なんと2倍以上もの差が開いて毎日大豆食品を食べる人のほうがエクオールが多く作られていました。

 

エクオール産生菌を増やす腸内環境にするためには、大豆製品や発酵食品、食物繊維などを多く摂ることが重要となります。。

 

大豆食品の女性ホルモン様相効果をしっかり実感したい人は、食生活を和食中心へとシフトしていくことをおすすめします。

まとめ

大豆製品に含まれるエクオールには女性ホルモン・エストロゲンと同じような効果があるのですが、実感できる人は日本人の2人に1人です。

 

体内でエクオールが働くかどうかは、腸内環境により差がでるからです。エクオールをしっかり働かせたいのであれば、食生活を意識していくことが大切です。

 

また、ご自分のエクオールの作られやすさは病院や検査キッドで調べることができますので、気になる人は調べてみるのもいいですね。