女性ホルモンを増やすのは?プエラリアとマカを比較!

女性ホルモンを増やしたい、整えたいと思いサプリを検討している方の中には、プエラリアとマカのどちらがいいのかお悩みの方も多いと思います。

 

ここでは、プエラリアとマカの成分や効果について比較し、女性ホルモンを増やすためにどちらの成分をとるべきか、ということをお話します。

 

プエラリアとは?

まずプエラリアとは何でしょうか?イソフラボンやマカと違い、あまり聞き慣れない言葉ですよね。プエラリアとは学名プエラリア・ミリフィカといいます。マメ科の植物であり、タイやミャンマーなど東南アジアを中心に自生しています。

 

今でこそバストアップやアンチエイジング効果のある成分として注目されていますが、現地では昔から健康にいい食品として常食されていました。プエラリアを食している地域の女性は年齢に対して若々しい人が多く、研究者たちから注目を浴びていたそうです。

プエラリアの成分とは?

プエラリアには多くのイソフラボンと、イソフラボンと桁違いの女性ホルモン活性化効果を持つ、ミロエストロールとデオキシミロエステロールという成分が含まれています。 これらふたつの成分が、強力な女性ホルモン活性化効果の源となっています。

 

ミロエステロールとデオキシミロエステロールが含まれることが判明している植物は、今のところプエラリアのみです。こうしたことから、プエラリアは「食べる女性ホルモン」と呼ばれて世界中の美意識の高い女性から注目されています。

プエラリアの効果とは?

プエラリアには、美の女性ホルモンと呼ばれる女性ホルモン・エストロゲンと同様の効果があります。具体的にいうと、胸を大きくする、美肌にする、イライラを解消する、などの効果です。

 

胸を大きくする

エストロゲンは妊娠や出産の準備をする作用だけでなく、乳腺を発達させたり、腰回りの皮下脂肪を増したりする効果があります。

 

胸の大きさとは乳腺の発達度と、それに伴い作られる脂肪の量により決まりますので、乳腺を発達させるプエラリアには胸を大きくする効果があります。

 

肌の水分量を保つ

美の女性ホルモンといわれるエストロゲンと同様の効果を持つプエラリアは、ヒアルロン酸やコラーゲンの生成をサポートする効果があり、肌の水分量を増やし、みずみずしいハリのある美肌にします。

 

エストロゲンが減ことが関係しておこる肌荒れや乾燥、毛穴の目立ちの予防、改善をする効果もあります。

 

肌の再生力を高める

エストロゲンと同様の効果を持つプエラリアには肌の新陳代謝(ターンオーバー)を高める効果があります。この働きにより肌の再生力を高め、シミやくすみのない美肌になるためのサポートをします。

プエラリアの摂りすぎは危険?

プエラリアには強力な女性ホルモン活性化効果があります。しかし、プエラリアの摂りすぎには注意が必要です。

 

プエラリアは女性ホルモンを強力に活性化させる効果をもつ成分です。そのため摂りすぎるとホルモンバランスを悪化させてしまう恐れがあります。

 

プエラリアは摂取量の上限をしっかり守って摂ることが大切です。プエラリア配合のサプリを使用する際は、商品説明書にかかれている摂取量の上限を守る必要があります。

 

また、20歳以下の女性の場合はプエラリアを摂取することによりエストロゲン過剰分泌が起こることがありますので控えたほうがよいでしょう。

マカの成分とは?

マカは南米ペルーの高原で栽培されている植物です。根塊や根の部分がエキスとして抽出され、サプリなどに配合されています。

 

マカには女性ホルモン・エストロゲンと同様の効果を持つ植物性エストロゲンが含まれています。また、ベンジルグルコシノレートというホルモンバランスを整える作用を持つ成分が含まれています。

マカの効果とは?

マカに含まれる物性エストロゲンの効果により、バストアップや美肌効果、生理痛改善、妊娠しやすい体質へ整える、などの効果があります。

 

また、ベンジルグルコシノレートによる生理トラブルの改善、更年期障害の症状緩和や不妊症改善・妊娠促進などの効果があります。

 

冷え性の改善

マカには有機化合物であるアルカロイドという成分が含まれています。カフェインやニコチン、コカインやモルヒネなどもアルカロイドですが、マカに含まれているアルカロイドは、血行を良くして冷えを改善させる効果があります。

 

また、マカには疲労物質の排出をサポートする働きもあり、心身をリラックスさせる効果があります。この効果により体中の血流もスムーズになり、冷え性の改善につながります。

 

美肌効果

マカには美肌に必須のビタミンB郡、抗酸化作用や肌の修復能力を高める作用を持つビタミンEが含まれています。また、アルギニンという肌の美しさをサポートしたり成長ホルモンの分泌を促進したりするアミノ酸が含まれています。これらの成分によりマカには高い美肌効果があります。

 

ダイエット効果

マカには脂肪燃焼効果のあるリパーゼという呼ばれる酵素を活性化させる効果があります。この太りにくする酵素であるリパーゼを活性化させるためには、ある4つのアミノ酸が必須なのですが、マカにはちょうどこれらのアミノ酸がバランスよく含まれています。このようなことからマカはダイエットの心強いミカタとなってくれます。

マカの摂りすぎは危険?

マカもプエラリアと同じく女性ホルモンに働きかける成分です。そのため、過剰摂取には注意が必要となります。

 

マカの過剰摂取で引き起こされる症状に、下痢や肝機能低下、そしてホルモンバランスの乱れによる不調などがあります。

 

マカのサプリを飲む際は、プエラリアのサプリを飲むとき同様、摂取量をしっかり守るようにしましょう。また、マカも女性ホルモンの分泌がじゅうぶんにされている20歳以下の女性が使用すると女性ホルモン過剰になってしまう恐れがあるので控えましょう。

プエラリアとマカは飲み合わせは危険?

「最近女性ホルモンが乱れ気味だから、プエラリアとマカを飲み合わせたい」という方もいるかもしれません。

 

しかし、プエラリアとマカの飲み合わせはおすすめできません。プエラリアもマカも女性ホルモンに働きかけるものです。両方を飲むことで、女性ホルモン過剰になりホルモンバランスが乱れてしまう恐れがあります。

 

プエラリアを摂っているときはプエラリアだけを、マカを摂っているときはマカだけ、というようにどちらかのみの使用するようにしましょう。

プエラリアとマカはどっちがいいの?

女性ホルモンに働きかけるためにプエラリアとマカはどちらがいいでしょうか?この答えは何が目的かにより異なります。

 

バストアップや美肌、女性らしい美しさを高めたい!という積極的に女性ホルモンを増やしていきたい方の場合はプエラリアが配合されているサプリを飲むのがおすすめです。

 

最近生理が不規則だから女性ホルモンを整えたい、妊活のサポートしてくれる成分を摂りたい、という女性ホルモンを整えたい女性の場合はマカがおすすめです。

 

バストアップサプリ等で使用されている成分の大半はプエラリアです。たいして生理トラブルの解消目的のサプリの成分の大半はマカとなっています。イメージとして、プエラリアは女性ホルモンを増やす、マカは女性ホルモンを整える、という感じでしょうか。

 

こうしたことを考慮し、プエラリアとマカは自分の目的に合わせて選びましょう!

 

関連記事:高品質プエラリア配合!女性ホルモンサプリおすすめランキング