女性ホルモンはコレステロールで増える?

「コレステロールは体に悪い」というイメージをお持ちの人もいるかもしれません。しかし、実はコレステロールは女性ホルモンをはじめ性ホルモンをつくるためには欠かせない栄養素でもあります。

コレステロールは2種類

コレステロールには、HDLコレステロール(善玉コレステロール)とLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の2つの種類があります。

 

LDLコレステロールは悪玉コレステロールと呼ばれていますが、実は性ホルモンを作るのはLDLコレステロールのほうです。

 

LDLコレステロールが少ないと女性ホルモンの原料が不足してしまうことになるため、ホルモンバランスにも悪影響がおよびます。

コレステロールを避ける必要はない

コレステロールの80%前後は肝臓で作られています。食品から作られるコレステロールは20%程度に過ぎません。

 

体内にはコレステロールの合成調節機能があり、多すぎるときは自然と合成量を減らしてくれます。

 

つまりコレステロールの食べすぎをそこまで心配する必要はない、という説がいま支持されている見方です。

 

女性ホルモンの原料であるコレステロールをしっかりとらなければ、女性ホルモンの分泌量も低下してしまいかねません。

 

女性ホルモンを整えるためにも、コレステロールは避けずに積極的にとっていきたいものです。

女性ホルモンとコレステロールまとめ

コレステロールは細胞膜の構成成分でもあります。脳の神経細胞の形を保つためには、コレステロールは不可欠なのです。

 

コレステロールが不足してしまえば、脳内の活動もしっかり行えなくなります。また、コレステロール値が低い人ほどうつ症状がでやすいという傾向も多いというデータもあります。

 

コレステロールはココロと体に重要なものであり、女性にとって欠かせないものですの。避けようとせず、しっかり食生活にとりいれていきましょう