女性ホルモンと肌のたるみの関係は?原因と改善方法について

「ほおがたるんできた」「皮膚を押してもあまり弾力がない」「目尻がたるんできたような気がする」

 

誰しも年齢を重ねるにつれ、肌のたるみはあらわれてくるものです。ほおやフェイスライン、目尻など、鏡を見るたびにたるみが気になってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

実はたるみと女性ホルモンには密接な関係があります。ここでは、女性ホルモンとたるみの関係、原因、治す方法についてお話します。

女性ホルモンの低下は肌のたるみをつくる

女性ホルモン・エストロゲンは別名・美のホルモンと呼ばれています。エストロゲンにはコラーゲンやヒアルロン酸の生成をサポートする作用があります。

 

エストロゲンの作用により、女性はハリのあるバストとや丸みをおびたボディラインがつくられるのです。

 

しかし、ホルモンバランスが乱れたり女性ホルモンの量が減少したりしてエストロゲが減少してしまうと、コラーゲンやヒアルロン酸が生成される量が低下します。

 

すると肌はハリを維持できず、どんどんたるんでいってしまいます。加齢によりバストがたるんでしまうのも、エストロゲンの減少が影響しています。

 

エストロゲンを減少させないためにも、女性ホルモンを減らさない、乱さない生活をおくっていくことが大切です。

 

関連記事:女性ホルモンのバランスを整える方法まとめ

肌のハリがなくなる原因とは?

肌のハリのもととなっているのは、表皮の奥にある真皮です。

 

真皮にはコーラゲンなどの繊維が網の目のように重なりあい、バネのように肌を支えています。

 

この真皮の構造が、肌のハリ、弾力のもととなります。しかし肌のハリ、弾力はさまざまなことが原因で減少していきます。

 

繊維が古くなる

ほかの体の部位と同じように、真皮のなかの古くなった繊維も、新しくつくられる繊維と一定のサイクルで入れかわっています。

 

しかし、紫外線や加齢により、繊維を生み出す細胞の力が弱まると、新しい繊維ができにくなります。

 

また、できても質が悪くなり、肌の弾力やハリが弱まっていってしまうのです。

 

女性ホルモンが減る

女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)には、コラーゲンを作り出す細胞を活性化させる働きがあります。

 

そのためエストロゲンの分泌が少なくなると、コラーゲンも減少してしまいます。

 

更年期になると、急に肌のたるみが目立ちはじめるのは、この時期にエストロゲンが急激に減りはじめるからです。

 

また、更年期に入るまえでもストレスや生活習慣の乱れなどで卵巣の働きが衰え、エストロゲンが十分に分泌されなくなることもあります。

 

生活習慣によっては若い人でも女性ホルモンは低下したり乱れたりしてしまうので油断はできません。

 

タバコ

タバコにはニコチンやタールをはじめとする何百という有害物質、数十種類の発がん性物質が含まれています。

 

タバコには血流を悪くしたり、女性ホルモンの分泌をおさえたり、肌の潤いをなくしたりする作用があります。肌にはけしてよいものではありません。

 

歳をとるとともに、たばこを吸う人と吸わない人の肌には違いがでてきます。

 

筋肉の衰え

肌のハリがなくなる原因のひとつに、肌を支えている筋肉や脂肪が衰えがあります。ダイエットなどで脂肪が急激になくなると、皮膚がついていけずにたるんでしまうこともあります。

肌のハリを増やすための方法とは?

コラーゲンが豊富な食品を食べる

体のあちこちで働く大切なタンパク質といえばコラーゲンです。コラーゲン豊富な食材は動物や魚の皮や骨の部分に多く含まれています。

 

た貼ればそのまま肌を支えるコーラゲン組織になるわけではありませんが、体内で分解されてコラーゲンを生成をサポートしますので積極的に摂るようにしましょう。。

 

コラーゲンが豊富な食品とは

手羽先、鶏皮、フカヒレ、豚足、魚のアラ

 

ビタミンCをたっぷり摂る

体内でコラーゲンを作り出す働きをサポートしているのがビタミンCです。肉や魚と一緒に、緑黄色野菜や果物など、ビタミンCを多く含んだ食品も積極的に摂っていきましょう。

 

ビタミンCは体にためておけないため一度にたくさんとっても尿と一緒に排出されてします。一日のなかで何度もこまめにとるのがポイントです。

 

紫外線対策

紫外線は表皮を通りぬけ真皮にまでダメージを与え、コラーゲンを壊します。

 

また、紫外線は肌の潤いを奪い乾燥させる原因にもなりますので、日焼け止めをしっかり塗り、保湿を欠かさないようにしましょう

 

顔の筋肉を動かす

筋肉は使わなければ衰えます。表情を豊かにして、顔の筋肉を動かすようにしましょう。たるみがちな口元の筋肉を鍛えるのに、よく噛んで食べることも有効です。

 

顔の筋肉を動かす運動
  • 目をみひらく
  • 目をぎゅっとつぶる
  • 口を大きくあける
  • ほおをすぼめる
  • ほおをふくらます

まとめ

肌のたるみはコラーゲンの減少や筋力の低下などにより起こります。これらに女性ホルモン・エストロゲンの状態も密接に関係しています。

 

エストロゲンにはコラーゲンの生成をサポートする効果があり、肌のたるみを予防・改善します。

 

肌のたるみケアに保湿やコーラゲン豊富な食材を食べることは大切ですが、同時に女性ホルモンケアも忘れずに行っていきましょう。