女性ホルモンと皮脂の関係は?原因と減らし方

「気がつくと肌が皮脂でベタベタ」「朝起きると肌がテカる」「脂っぽくて化粧がすぐにくずれる」

 

肌をベタベタさせる不快な皮脂。皮脂が多いことで悩されている方も多いのではないでしょうか。

 

実は皮脂と女性ホルモンの状態には密接な関係があります。ここでは、女性ホルモンと皮脂の関係、原因、減らし方についてお話します。

皮脂が多い原因とは?

皮脂は天然のクリームともいわれ、本来は肌を乾燥や刺激から守る必要なものです。

 

しかし必要以上に分泌されてしまうと、肌は皮脂でおおわれてベタベタしてしまいます。

 

思春期のころはさまざまなホルモンが増加する影響をうけ皮脂の分泌も多くなります。

 

大人になってからも皮脂の分泌が多くなってしまう原因には以下のようなものがあります。

 

ストレス

強いストレスを感じると副腎という器官から活性度の高い男性ホルモンを分泌させたりします。

 

男性ホルモンには皮脂を多くする作用があります。男性ホルモンがとくに強く作用する部分はフェイスラインや顎などの男性のヒゲが生える部分です。

 

これらの部分の皮脂が増えたら、ストレスにより男性ホルモンが増えている可能性ががあります。

 

高カロリーな食べ物を食べすぎる

食事も皮脂の分泌に影響を与えす。揚げ物や肉、スナック菓子など、脂っぽく高カロリーなものを好んで多く食べると、皮脂の分泌も多くなります。

 

糖質たっぷりの甘いものも皮脂の分泌を増やす作用がありますので、お菓子、アイスクリームなどの食べ過ぎには注意しましょう。

 

洗顔をしすぎている

肌がテカテカするのがイヤでとにかく皮脂を落とそうと、洗浄力の強い洗顔料で顔を洗いすぎていませんか?

 

皮脂を必要以上にとりすぎて肌を乾燥させてしまうと、よけいに皮脂の分泌を増やしてしまいます。

 

洗顔は洗浄力の弱い洗顔料を使用し、洗顔後はしっかりと保湿をして肌を乾燥させないようにしましょう。

女性ホルモンが乱れていると皮脂が増える

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという二つのホルモンがあります。

 

エストロゲンには皮脂を抑える作用がありますが、プロゲステロンは反対に皮脂を増やす作用があります。

 

また、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが優位になっても皮脂分泌は多くなります。

 

男性ホルモンには皮脂腺を刺激する作用、角質を厚くする作用があり、ニキビをできやすくするのです。

 

ストレスがたまっているときや睡眠不足が続いているときはホルモンバランスが乱れやすくなるので注意しましょう。

肌のベタつきを改善するためのセルフケアとは?

皮脂が多い状態がつづくとニキビや毛穴の黒ずみなどが起こる原因となります。

 

「たかが肌のベタつき」とは思わず、皮脂を抑制するためのケアを行っていきましょう。

 

乾燥させないスキンケア

肌のベタつきケアの基本は洗顔ですが、皮脂のとりすぎには注意が必要です。すすぐときは水を使い、すすぎ残しのないように気をつけてください。

 

洗顔後はお肌に水分をしっかり与えるため化粧水はたっぷりと使い、その後は油分(クリーム・乳液)でフタをし、水分の蒸発を防ぎましょう。

 

睡眠をとってストレス解消

夜は神経をしっかりと休ませてあげることが重要です。夜はリラックスをして過ごし、睡眠はしっかりとり、体を休ませてあげましょう。

 

また、睡眠は肌の新陳代謝をよくし、水分と皮脂とのバランスを整えてくれます。美肌のためにも睡眠はしっかりとるようにしましょう。

 

ビタミンB2をたっぷり摂る

ビタミンB2は脂質の代謝を促す働きをしているため、不足すると皮脂が増えていきます。食事から摂ることも大切ですが、サプリなどで補うのもよいでしょう。

まとめ

皮脂分泌はストレスや乾燥、女性ホルモンの乱れなどにより多くなります。

 

皮脂分泌が多くなりすぎると、肌がベタつくだけでなく、ニキビができやすくなりますので注意が必要です。

 

皮脂を減らすためには、洗顔や保湿も大切ですが、女性ホルモンを整えていくことも大切です。

 

最近イライラが続いている、ストレスが続いてる、という方は女性ホルモンが乱れてしまう恐れが高まりますので注意しましょう。