女性ホルモンとしみの関係は?予防と消す方法

「今までできなかったのに急にしみができた」「しみが目立つようになった」「薄かったしみがだんだん濃くなってきた」

 

鏡を見るたびに気になってしまう「しみ」。実はしみは女性ホルモンと密接に関係しています。

 

ここでは、女性ホルモンとしみの関係、しみを予防する方法、しみを治す方法についてお話します。

しみができる原因とは?

しみとは、メラニン色素が肌に沈着することでつくられます。メラニン色素は刺激に反応してメラニン色素を代謝するメラノサイトという細胞により作られます。

 

私たちがもっとも気をつけなくてはならない肌への刺激といえば「紫外線」です。

 

肌は紫外線を浴びると、紫外線を肌の奥深くまで通さないようにメラノサイトがメラニン色素をつくりだします。

 

つくられたメラニン色素は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)にしたがい垢といっしょに排出されます。

 

子供が夏休みに日焼けしても冬には白い肌に戻っているように、基本的にはメラニン色素の沈着はおこりません。

 

しかし、加齢や生活習慣の乱れなどにより肌の新陳代謝が低下してくると、メラニン色素が肌に残り続けてしまいシミとなってしまうのです。

しみと女性ホルモンの関係とは?

肌に刺激を与えるのは紫外線だけではありません。実は女性ホルモンの乱れもメラノサイトを刺激します。

 

女性ホルモンには排卵前に多く分泌されるエストロゲンと、生理前に多く分泌されるプロゲステロンという2種類があります。

 

このうちのひとつ、プロゲステロンにはしみをできやすする作用がありますので、プロゲステロンが多く分泌される生理前にいつも以上に念入りに日焼け止め対策をしましょう。

 

また、女性ホルモンの乱れだけでなく、ストレスも肌を老化させる活性酸素を増やし、メラノサイトを刺激しますので注意が必要です。

しみを予防・消すためのセルフケア!

紫外線対策は日常的に

しみ対策の基本は紫外線から肌を守ることです。ガラス越しでも、曇りの日でも、紫外線は常に降り注いでいます。

 

季節、天気、室内外を問わず、日焼け止めを使用し、紫外線を浴びる時間を減らす生活を心がけましょう。

 

日焼け止めの塗り方のポイント
  • 2~3時間おきにぬりなおすこと
  • すり込まず、そっと置くように塗ること
  • 顔だけでなく、首や耳の後ろも忘れずに

 

ビタミンCとE補給を意識する

ビタミンCは色素還元作用があり、ビタミンEには細胞の酸化を防ぐ働きがあります。

 

これらを食事やサプリメントでとり入れて、皮膚の新陳代謝をアップさせ、作られてしまったメラニン色素の排出を促しましょう。

 

ソラレンを含む食品に注意!

ビタミンCを多く含む、キウイ、パセリ、セロリ、そば、野沢菜などの食材には、光の吸収を増進して日光にあたるとしみをつくる「ソラレン」という物質が含まれています。

 

そのため、外出前、日焼けする前には、できるだけ食べるのを避けたいところです。これらの食材は、昼に紫外線を浴びることを考えて朝は避け、夜に食べるようにしましょう。

 

肌の抵抗力をアップさせる

肌本来のバリア機能である角質層の潤いを高め、紫外線の影響をうけにくくすることも大切です。

 

乾燥すればするほど肌のバリア機能は低くなり、潤えばうるおうほど肌のバリア機能は高くなります。
肌の乾燥を防ぐようにしっかりと保湿をすることです。洗顔後は化粧水、クリームでしっかり保湿を行うようにしましょう。

まとめ

しみは刺激・ダメージによりメラニン色素が作られることによりできるものです。しみ対策で重要なのは紫外線対策や乾燥対策をしっかりと行うことです。

 

また、女性ホルモンの乱れやストレスも活性化酸素を作り、しみの原因となりますので注意していきましょう。