女性ホルモンと冷え性の関係とは?

「手足がいつも冷たい」「布団に入っても足がつめたく、なかなか眠れない」「顔はほてっているのにほかは冷たい」

 

このようなことを感じたことはありませんか?女性で冷えに悩まされる人はとても多くいます。ここでは、女性ホルモンと冷えの関係についてお話します。

体が冷える理由とは?

冷えとは熱を運んでいる血液の循環がスムーズに行われなくなり起こります。体のなかでもとくに手足の先が冷えやすいのは、心臓から遠いぶん血行が悪くなるからです。

 

女性がとくに冷やしてはいけない部分は、子宮や卵巣などの重要な臓器がある下腹部です。下腹部が冷えて血行が悪くなると、卵巣や子宮の働きが弱まり、女性ホルモンにも悪影響が及びます。

 

女性が男性より冷えやすいのは、筋肉の量が男性より少なかったり、生理により鉄分を失ったりすることが影響しています。

血行不良と自律神経の関係とは?

冷えは血行不良により引き起こされることが多いです。では血行不良はなぜ起こるのでしょうか?

 

血行不良は主にストレスや偏った栄養バランスの食事、不規則な生活などにより起こりますが、自律神経の状態にも注目しましょう。

 

自律神経の役割のひとつに、体温調節のため血管を収縮させたり、拡張させたりして、血液の循環をコントールすることがあります。

 

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどで自律神経のバランスが乱れてしまうと、それらコントロールが乱れ、体温調節や血液の循環が正常に行われなくなり、体が冷えてしまうのです。

おすすめの冷え対策まとめ

体が冷えたままだと、肌のくすみやむくみ、肩こり、不眠、生理不順など、さまざまなトラブルが起こるリスクが増します。ここでは冷えを防ぐため対策をご紹介します。

 

衣類で体の熱を逃がさない

保温を考えて衣服で熱の放出を防ぎましょう。とくに冷やさないようにしたいのが、足元や脚、腰回りなど下半身です。

 

使い捨てのカイロや、腹巻き、あたたかい靴下など保湿グッツを積極的に活用して温めること、マフラーやスカーフで肩、首まわりも冷やさないようにすることももポイントです。

 

逆に避けたいのが体をしめつけるよう衣服を着用することです。きつい靴下やスキニーパンツは血行を悪くしてしまうので避けましょう。

 

冷えを改善する食べ物を食べる

あたたかいスープ、温野菜などを食事に加えて体を温めていきましょう。ネギやショウガは薬味などに積極的に活用した鍋料理にすればさらに効果アップです。

 

また、ビタミンEには血行をよくし、ホルモンの分泌を整える効果があります。ナッツ類、うなぎ、たらこ、緑黄色野菜、オリーブオイルなどに多く含まれますので、意識的に普段の食事にプラスするようにしてみてください。

 

逆に食べるのを避けたいのはスイーツ類です。白砂糖には体を冷やす作用がありますので、ケーキ、アイスクリームなどの甘いものには注意してください。

 

半身浴で体を温める

39℃前後のぬるめのお湯をみぞおちあたりまで湯船にはり、15〜20分ほど浸かる半身浴は冷え対策におすすめです。

 

このとき、お湯の温度を熱くしすぎないように注意してください。42℃以上のお湯では活動の神経である交感神経が優位となり、末梢の血管が収縮し、冷えが助長されてしまい逆効果です。

 

湯船に浸かることで得られる嬉しい効果

汗腺トレーニングになる
湯船にじっくりつかり汗腺トレーニングを行なえば、老廃物を汗とともに流し出せるのでデトックスにもなります。

 

自律神経が整う
入浴により体がリラックス状態になるため、自律神経は交感神経から副交感神経へ。この切り替わりがあることで、自律神経のバランスが調整されます。

 

水圧により血流が改善される
お湯の水圧によって関節や筋肉が緩みコリがとれ、皮膚の血管が広がり血行が促進されます。

 

足の筋肉を動かして血流をよくする

筋肉が硬くなると血流が悪くなりますので、積極的に筋肉を動かしていきましょう。なかでも重点的に動かしたいのは、血管が多いことから第二の心臓とも呼ばれる「下半身の筋肉」です。

 

下半身の筋肉を動かすおすすめの運動は20分~30分ほどのウォーキングです。ウォーキングには下半身にたまった血液を心臓に押し上げる効果があります。

 

ウォーキングは冷え改善だけではなく生活習慣病や肥満の予防にもなるので一石二鳥、三鳥にもなるおすすめの運動です。

自宅で簡単にできるおすすめの運動まとめ

毎日20分~30分かけてウォーキングをするのは、スケジュール的に厳しい人が多いかもしれません。そこで、自宅でできるおすすめの運動をご紹介します。どれも気軽にできるものですので、ぜひ試してみてください。

 

スクワット(1日10回×3セット

@足を肩幅まで開き、両手を頭の後ろに組む
A4秒ほどかけて、息を吸いながらゆっくり腰を下ろしていく
B下ろしたら、2秒ほどかけ状態を元の姿勢に戻す

 

足の筋肉は全身血行に関わるとても重要な部位です。「老化は脚からくる」と言われているほどですので、若々しくいるためにも足の筋肉はしっかり鍛えておきたいですね。

 

サーキットトレーニング(1日10分程度)

@太ももを高く上げて、その場で1分間足踏みをする(※有酸素運動)
A腹筋、スクワットを1分間行う(※無酸素運動)

 

サーキットトレーニングとは有酸素運動と無酸素運動を交互にくり返す運動です。自律神経を整え、ストレスを解消する効果もありますので、心身の総合的なケアにもなります。

 

踏み台運動(1日5〜10分程度)

@膝の高さぐらいの低いイスや台を用意する
A膝をしっかりと持ち上げ、背中を曲げず踏み込むように台にのぼる
Bゆっくりと降り、次はさきほどと反対の足から台にのぼる

 

有酸素運動と筋力トレーニングの良いところどりをできる運動です。下半身の筋肉をしっかり鍛えることができます。テレビを見たり音楽を聴きながらでもできるのがイイですね。

女性ホルモンと冷えまとめ

体が冷えると女性ホルモンの働きもわるくなります。そこで気をつけたいのは生活習慣や自律神経を乱さないように気をつけ、を血行を良好にすることです。冷えでお悩みの方は、ぜひここで紹介した冷え対策を試してみてください。