ビタミンB6で女性ホルモンを整える

ビタミンが体にいいことは有名ですが、女性がとくに積極的にとりたいのがビタミンB1やビタミンB2、パントテン酸、ビタミンB6、葉酸、ビオチンなどのビタミンB郡です。

 

これらのなかで、とくに女性ホルモンによい影響を与えてくれるのはビタミンB6。ここでは、ビタミンB6の効果についてご紹介します。

ビタミンB6の効果とは?

髪、皮膚、爪を美しくする

ビタミンB6には、髪や皮膚、爪などをつくるたんぱく質の代謝を促して成長を促進させる作用があります。

 

女性ホルモンを整える

ビタミンB6は女性ホルモンのエストロゲンの代謝を促進します。ビタミンB6をしっかり摂ることでホルモンバランスを整えてくれる作用がありますので、生理前などは積極的に摂りましょう。

 

脂質の分解をサポート

ビタミンB6はたんぱく質や脂質の分解に必要なアミノ酸の生成を促進する作用があります。エネルギー変換を効率的におこない、余分な脂肪がつくことを予防してくれます。

ビタミンB6を含む食べ物とは?

ビタミンB6が多く含まれている食材は魚や肉などの動物性食品です。穀類や豆類にもビタミンB6は含まれているのですが、動物食品ほど効率よく体内で活用することはできません。

 

魚類ならマグロ、カツオ、サンマ、肉類なら牛や鶏、レバー、豆類なら大豆などです。これらの食材を普段の食事にプラスすることでビタミンB6をとることができ、女性ホルモンを整えるサポートをしてくれます。

 

  • 魚類……マグロ、かつお、さけ、にしん、ぶり、など、
  • 肉類……レバー(牛)、レバー(鶏)、ビーフジャーキー、鶏肉、ローストビーフ、など
  • 野菜類……にんにく、とうがらし、など

まとめ

ビタミンB6はバストアップや美肌に重要な働きをするエストロゲンの働きをサポートするだけでなく、肌や髪の健康には欠かせない栄養素です。

 

普段の食事に、ビタミンB6を含む魚類、肉類、野菜類を足して、うまく補充していきましょう。