女性ホルモンと基礎体温の関係とは?

女性ホルモンの状態と基礎体温にも密接な関係があります。

 

生理周期に合わせて変化するのはエストロゲンとプロゲステロンの量だけではありません。基礎体温も生理周期に合わせて変化しています。

 

生理周期には卵胞期(生理後〜排卵前までの期間)と黄体期(排卵後から生理開始までの期間)があるように、女性のからだには低体温期と高体温期があります。

 

低温期は生理がはじまってから2週間ほどの期間です。高温期は排卵から次の生理が終わるまでの2週間ほどの期間です。大雑把にいえば、卵胞期は低体温期で、黄体期が高体温期となります。

 

関連記事:女性ホルモンと生理周期の関係とは?

プロゲステロンは体温を上げる

ではなぜ黄体期は体温が上がるのでしょうか?その理由は黄体期に分泌される女性ホルモン・プロゲステロンにあります。

 

プロゲステロンには基礎体温をあげて受精卵を維持しようとする作用があり、プロゲステロンが多く分泌される黄体期は体温が上昇するのです。

 

毎日基礎体温をつけておくと、低体温期と高体温期の分かれ目がわかります。また、高温期が続いたあとに体温が下がりはじめたら、そろそろ生理が来るというサインになります。

 

一定の生理周期のサイクルで、排卵や生理が正常に行われているかどうかも分かるということです。

基礎体温と体温は別物

基礎体温と体温は混合しないように注意が必要です。基礎体温とは、体温を変動させる前提が行われないときに測られる体温のことです。

 

たとえば飲酒や運動、強い感情などは体温を変動させるスイッチとなりますので、そうした後に測る体温は基礎体温とはいえません。

 

起き上がったり飲食したりするだけで体温は上がってしまうので、基礎体温を測るときは、朝、目が覚めたら寝たまま測るのがポイントです。

 

それも、なるべく同じ時間帯に測るようにします。また、基礎体温を正確に測るには、専用の婦人体温計を使って測る必要がありますので用意しておきましょう。

 

まとめ

基礎体温をつければ、生理周期がわかるので、体調管理に便利です。基礎体温表は病院や薬局で手に入るほか、インターネットでダウンロードできるものもあります。

 

自分の気に入ったものを選んでみてください。自分のリズムを知るためにも、ぜひ習慣化してみてくださいね。