女性ホルモンで胸は大きくなる?

「女性ホルモンが少ないから胸が小さい」「女性ホルモンが減ると胸がしぼむ」「豆乳を飲めば胸が大きくなる」

 

このようなことを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

 

たしかに女性ホルモンの分泌がたっぷりなら胸が大きくなりそうな気がします。では、実際のところ女性ホルモンで胸は大きくなるのでしょうか?

女性ホルモンって何?

女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンというふたつのホルモンの総称のことをいいます。それぞれ分泌されるタイミングや働きに違いがあります。

 

エストロゲンとプロゲステロンが卵巣から分泌されることにより、女性の心身は保たれています。女性ホルモンのバランスが崩れると、心身にさまざまなトラブルが表れます。

 

2種類の女性ホルモン

エストロゲン(卵胞ホルモン)
コーラゲンやヒアルロン酸の生成をサポートし、肌や髪をキレイにします。女性らしいボディラインを作るなど美容効果がたくさんある美のホルモンです。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)
子宮内膜を整えたり、体温を高めたり、妊娠・出産に必要な働きをするホルモンです。生理前の肌荒れや便秘、疲労感などはプロゲスロンの影響によるものです。

 

関連記事:女性ホルモンは2種類!エストロゲンとプロゲステロンの違いを簡単に解説!

女性ホルモンで胸が大きくなる理由とは?

女性ホルモンと胸の大きさは関係しています。とくに重要なのがエストロゲンです。

 

女性は初潮を迎えるころに乳腺が発達し、胸がふくらみはじめます。これはその時期からエストロゲンの分泌が増え始めるからです。

 

エストロゲンの分泌量が増えると乳腺が発達します。すると乳腺を守るように脂肪がついていき、胸が大きくなります。こうしたことから胸を大きくするためにはエストロゲンの働きが大切となります。

 

エストロゲンをしっかり働かせるためには女性ホルモンのバランスを崩さないことも大切ですが、卵巣でつくられたホルモンをはこぶ血液やリンパ液の流れがスムーズであることも重要です。

 

血液やリンパの流れは、ストレス、睡眠不足、運動不足などにより悪くなります。思い当たる方は、胸を大きくするためにもケア・改善していきましょう。

 

胸を大きくするためには、女性ホルモンのバランスを崩してエストロゲンを減らさないこと、不規則な生活などにより血液やリンパの流れを悪くしないこと、を意識するようにしましょう。

 

関連記事:【最高品質プエラリア配合】女性ホルモンサプリおすすめランキング!

女性ホルモンを整える方法とは?

栄養バランスのよい食事をする

女性ホルモンの分泌は生活習慣におおきな影響をうけています。なかでも食事の内容には気をつけたいところです。

 

女性ホルモンのバランスを整えるために栄養バランスのよいメニューをとるようにしましょう。積極的に摂りたい栄養素は、たんぱく質やビタミン、ミネラルです。脂肪の少ないお肉やお魚、緑黄色野菜、サバなどをつかったメニューを増やしていきましょう。

 

質の高い睡眠をとる

質の高い睡眠をとることは自律神経やホルモンバランスを整えるために欠かせません。睡眠の質が低下したり、寝不足になると、女性ホルモンのバランスが乱れるだけでなく、新陳代謝がわるくなったり太りやすくなったりします。

 

睡眠の質を高めるために、朝日をしっかり浴びて体内時計を整える、就寝前は部屋を暗くしてリラックスする、就寝前は食jをしない、などを意識するとよいでしょう。

 

冷えを予防する

女性の2人に1人は冷えに悩んでいると言われています。女性は男性よりも筋肉量がすくないため体が冷えやすいのです。

 

女性ホルモンは血液により全身にはこばれますので、冷えにより血行不良になるとさまざまなトラブルが引き起こされることも。冷えを改善するために、普段から暖かい服装でいる、湯船につかり体を暖める、冷たい飲み物などは避ける、などを意識するようにしましょう。

 

関連記事:女性ホルモンのバランスを整える方法まとめ

女性ホルモンで胸は大きくなる?まとめ

女性ホルモンと胸の大きさは密接に関係しています。とくに重要なのは女性の美容に大きく関係しているエストロゲンです。

 

エストロゲンをしっかり働せるため、女性ホルモンのバランスを崩したり、血流やリンパの流れをわるくしたりしないように気をつけましょう。

 

また、エストロゲンと同じような働きをする成分にプエラリアというものがあります。「はっきり実感できるぐらい胸を大きくしたい!」という方はプエラリア配合のサプリを摂ることもおすすめです。

 

関連記事:【最高品質プエラリア配合】女性ホルモンサプリおすすめランキング!