女性ホルモンと自律神経の関係は?

私たちのからだの中では、生きていくためにさまざまなシステムが働いています。そのなかでも特に重要なのが、「免疫」「自律神経」「ホルモン」という三つのシステムです。

 

免疫はウィルスや細菌から身を守るための防御システムです。私たちが感染症や病気などですぐに倒れずにいられるのもこの免疫のおかげです。

 

自律神経とは交感神経と副交感神経から成り立ち、体温や心拍の維持、睡眠、消化などを制御しています。自分自身の意思では制御できないものはこの自律神経が調整しています。

 

ホルモンは体内で作られる化学物質であり、体にさまざまな影響を与えます。女性ホルモン、男性ホルモンも数あるホルモンのうちのひとつです。

 

体のなかの重要な三つのシステム

免疫
ウィルスや細菌から身を守る制御システム。感染症やウィルスなどの病気から身を守る。

 

自律神経
交感神経・副交感神経から成り立つ神経。体温や心拍数の維持。睡眠や消化機能など不随意な運動を司る。

 

ホルモン
体内で作られる化学物質。体がうまく機能するように特定の臓器に働きかけ、さまざまな役割を担う。

免疫、自律神経、ホルモンは三位一体

これら三つのシステムが正常に機能することで、心身の健康が維持されています。どれかひとつのシステムにトラブルが起きてしまうと、連動するかたちで他のシステムもトラブルが起こります。

 

たとえばホルモンバランスが乱れてしまうと、免疫、自律神経のバランスも乱れまいます。

 

よくストレスや睡眠不足はホルモンバランスを乱すといわれますよね。この理由はストレスや睡眠不足が自律神経のバランスを乱し、それに連動するかたちでホルモンバランスも乱れてしまうことにより起こります。

 

「免疫」「自律神経」「ホルモン」 は三位一体のシステムであり、それぞれが正常に機能していることが大切です。

自律神経を整える方法

自律神経はストレスや睡眠不足などですぐに乱れてしまう繊細なもの。ここでは、生活のなかで気軽に行うことのできる自律神経を整える方法をご紹介します。

 

体内に酸素を巡らせる

床にあぐら、もしくは仰向けで寝て、目を閉じゆっくしり呼吸をしながら頭のてっぺんから手足まで酸素を巡らします。ポイントはリラックスをしながら落ち着いて呼吸をすることです。

 

ウォーキング

運動は脳によい影響をあたえ自律神経を整える効果があります。日常的に行うと、体温を一定に保ったまま汗をかけるようになることも。とくにおすすめの運動は有酸素運動であるウォーキングです。

 

半身浴

入浴時に半身浴をしてリラックスするのもおすすめです。ゆっくり汗をかくことで発汗機能も鍛えることができますし、血液を全身まで行き渡らせることができます。湯船につかり心身ともに弛緩し一日の疲れや緊張をほぐすことで、自律神経のバランスが整います。

女性ホルモンと自律神経まとめ

女性ホルモンと自律神経は切ってもきり離せない関係です。睡眠不足やストレスで自律神経が乱れてしまうと、女性ホルモンのバランスを乱れてしまいます。女性ホルモンを整えるためにも、ぜひ普段の生活を見直してみてくださいね。